toranekodoranekoのブログ

虎猫・銅鑼猫など様々なブロガーが参加しているサイトです。クリスチャン、社会保険労務士、多言語活動家、女性キャリア官僚、科学ライター、うるさいばあさんまで、多士済々。お楽しみください。

クリスチャンブロガーが綴るブログです。
明るい高齢化社会、病から得た様々な宝、世の中の動きへの警鐘(銅鑼)を鳴らすこともあります。
ときどき大阪弁も出てくる聖書物語もお楽しみに。
主催者のほか様々な協力者も登場します。

三菱電機の皆様、ぜひこの紙芝居をご覧ください。


新幹線脱線事故の悪夢(BEFORE製鋼、BEFORE工業)




三菱電機の皆様、ご関係の皆様、ぜひこの紙芝居(9分程度)をご視聴ください。
そして、プロフェッショナルの誇りにかけて、自社の改革に邁進してください。


上記の紙芝居は、私が製造業の団体様のご依頼でデータ偽装についてセミナーを実施したときに使用した教材です。
講演の概要は次の通りです。


「データ偽装」は他人事ではない。
1.JR西日本新幹線台車亀裂事故
 紙芝居を用いてご説明しました。
(この紙芝居はYouTube でも公開中!新幹線脱線事故の悪夢―紙芝居型動画公開!


①何が起こったのか。
納期に迫られた製造業現場で「少しぐらい規格はずれがあっても安全性には影響を及ぼさない」と勝手に判断して、規格はずれのものを出荷してしまった。
納期というプレッシャーが「動機」となり、製品規格には十分な安全余裕があるから、多少外れていても構わない、として自分の行動を「正当化」してしまったのです。


②どうして起こったのか。対策は?
ごく普通の人が不祥事を犯してしまうメカニズムを「不正のトライアングル」を用いて説明しました。
チェックシステムを厳しくして不正の「機会」への対策をとることは必要だが、行為者の意図的な不正を防止・発見することは難しい。
むしろ、行為者の内心への働きかけこそが有効な対策となる。
「安全は全てに優先する」という信念を持ち、「プロフェッショナルの誇りにかけてもごまかしは許さない。」という内発的な動機付けこそが大切。


2.さらに、次のような事例もご紹介しました。
①東洋ゴム免震偽装事件:報告遅延が生じた事態
 異例事態発生時には現場で考えるのではなく、社内全体で速やかに情報を共有して対処すべき。
②アクリフーズ農薬混入事件
 乱暴な成果主義人事評価が契約社員の心を荒廃させて、冷凍食品に農薬を混入させる事件を起こしてしまった。
事件発覚後の同社担当者の知識不足から、事態を軽視し、厚生労働省への報告も遅れ、あやうく重大な健康被害に繋がりかねなかった。


【目次】「データ偽装」は他人事ではない
紙芝居「新幹線脱線事故の悪夢!」
1.製造業データ偽装はなぜ起きたのか?
2.基本にたちかえろう。 コンプライアンスと不正・不祥事
3.報告遅延はなぜ起きるのか・その対策は?「東洋ゴム免震偽装」
4.悪意と知識不足の連鎖:アクリフーズ農薬混入事件(マルハニチロ子会社)
5.「ノーミス運動」の落とし穴
6.経営者のための「さらに一言」
まとめ:データ偽装に見る働き方改革の必要性



当時のセミナーの模様は次のブログでまとめています。


銅鑼猫
【連絡先】
社会保険労務士 玉上信明(たまがみ のぶあき)
メール・アドレス:tnjmk0121@m3.gyao.ne.jp


jinjer株式会社様のテレワーク記事を8本まとめてご紹介!!

(神代植物公園)




jinjer株式会社様は、「SaaS(Software as a Service)」に注力されている会社です。
まずは、ソフトウェアのサービス化。永続的に改善されるソフトウェアとそれに付随するサポートを、継続的に提供するサブスクリプション型のビジネスモデルです。
さらに、ソフトウェアに限らず、世の中のあらゆるものを「as a Service」として提供すること、世の中に広がっていくことで、これまでの社会の歪みを軽減し、持続可能性がある、より良い社会を創っていくことができると考えておられます。


ご縁があって、テレワーク関係の記事の執筆・監修をさせていただきました。
以下の8本の記事です。ぜひご活用ください。













銅鑼猫

アフターコロナを見据えたオフィスとは『オフィスの姿、これからどうなる?』オンラインセミナーレポート

アフターコロナを見据えたオフィスとは『オフィスの姿、これからどうなる?』オンラインセミナーレポート|hataraku編集室


アフターコロナを見据えたオフィスとはどのようなものか、保健同人社様の事例を通じて、今後のオフィス構築のヒントを紹介されている記事です。
次のようなヒントが示されています。


①アフターコロナのオフィスでは出社機会が減少します。これまで以上に「オフィスでないと提供できない価値」が求められます。テレワークで可能な業務なら、わざわざオフィスに行く必要はないからです。


②同社では、「お客様のやりたいこと(want)」と「必要なこと(should)」をはじめから並走させてオフィス構築を進めました。
設計のプロフェッショナルが「必要なこと」を前提に設計を行うのではなく、まず「お客様のやりたいこと」を前面に打ち出して検討されました。


③健康経営を意識し、フロアを構成する7つの空間の各所に「働くだけで健康になれる様々な施策」が組み込まれています。それが上記の図です。


④こんなユニークなものもあります。
身長別に自然に歩幅を意識した歩行を促す仕掛けです。



ストレッチを促す鏡、卓球台(昼はデスクとして、休憩や就業後は卓球台として利用)、見上げたくなる天井(イラストや近隣の地図を天井に描き、自然と見上げて肩こりを防止)など盛りだくさんです。



詳細はぜひ上記記事をご覧ください。


【掲載サイト「清和ビジネス株式会社」hataraku編集室】



同社ホームページ



銅鑼猫


団体交渉とは?ポイントを簡単につかめる記事をご紹介。


団体交渉のポイントをまとめた記事をご紹介します。
社内に労働組合がなくても、ユニオンなどとの対応など、団体交渉の基本的な知識は経営者も労働者も必須のものと思います。


前書きより
「適切な団体交渉を行えば、労働者にも、会社にもふさわしい解決が得られるでしょう。
いまは関係なさそうに思えても準備しておけば、団体交渉の基礎知識を知っておけば、労働者も、会社も将来必ず役に立ちます。
団体交渉の全体像を正確に理解するのは、簡単な事ではありません。この記事では、イメージをつかんでいただけるように、ポイントだけを解説しています。」



【掲載サイト】
この記事は、ベリーベスト法律事務所のリーガルモールに掲載されています。
「使える!役立つ!」法律情報サイトです。


銅鑼猫

キューバ危機とケネディ大統領の演説(今、改めて心に留めるべき内容です)


キューバ危機に際しての全国テレビ公開放送 日本語訳


今から、60年前、キューバ危機に於けるケネディ大統領のアメリカ国民へのスピーチです。
ケネディ大統領の緊張した表情に当時の緊迫した状況を知らされます。
そして語られる言葉の言葉の一つ一つに信念と覚悟が込められています。
この言葉が世界を動かし、世界は危機から救われました。
また逆に、当時の旧ソ連の表明・言い訳は、今日のロシアにも通ずるのかもしれません。
ぜひ、演説の一語一語を噛みしめてみてください。


(注)キューバ危機:1962年10月から11月にかけて、旧ソ連がキューバに核ミサイル基地を建設していることが発覚、アメリカ合衆国がカリブ海でキューバの海上封鎖を実施し、米ソ間の緊張が高まり、核戦争寸前まで達した一連の出来事です。



ケネディは、この1年後(1963年11月22日)に、ダラスで凶弾に倒れました。
初の日米宇宙中継ニュースは、ケネディ大統領暗殺でした 。
私はその日の朝、父が何となくつけたラジオで暗殺のニュースを聞いて飛び起きました。



私たちは、様々な危機に直面し、乗り越えてきました。
しかし、いま、当時と同様の、あるいはさらに大きな危機にさらされています。


(注)この二つの映像は知り合いの牧師先生からいただいたものです。
先生のコメントに触発されて、私なりに考えるところを付け加えました。


銅鑼猫