toranekodoranekoのブログ

クリスチャンブロガーが綴るブログです。
明るい高齢化社会、病から得た様々な宝、世の中の動きへの警鐘(銅鑼)を鳴らすこともあります。
ときどき大阪弁も出てくる聖書物語もお楽しみに。
主催者のほか様々な協力者も登場します。

社会保険労務士のためのお役立ちコラム

 私の「虎猫銅鑼猫ブログ」は2016年11月開設、投稿記事250本、アクセス件数は23000件を超えました(虎猫銅鑼猫はペンネームです)。


 その中で、特に社会保険労務士の皆様にお読みいただきたい記事を「虎猫銅鑼猫社労士コラム」として纏めました。
「虎猫銅鑼猫社労士コラム」これだけで60本を超えております。)
 12月5日開催の社会保険労務制度創設50周年記念式典に出席して、思うところがあり、私なりに皆様にお役に立てればと纏めてみたのです。


直近で特にお役に立てると思うものをいくつかご紹介します。
ご一読いただければ幸いです。


社会保険労務士制度創設50周年記念式典
 12月5日の記念式典の模様です。
 ご出席の皆様それぞれ感慨深いものがあったと思います。


士業のための紙芝居型講師養成講座
 私が参加している「紙芝居型講師」の養成講座です。
 研修セミナーのときに、「紙芝居」は大きな武器になります。
 私が作成したものはYouTube でも一般公開しています。


退職代行は弁護士に頼むべし
 退職代行については、退職代行サービス会社などを想定される方もいらっしゃるでしょう。大きな問題があります。
なぜ弁護士に頼むべきか、退職代行弁護士の第一人者井上裕貴先生が中野杉並支部の研修で語っていただいた内容です。


東社労総合労働相談所等―お困りのときの大きな助け―
 私は、東社労総合労働相談所にお2人のお客様をご紹介しました。
 とても満足していただけました。皆様もぜひご活用ください。


自主研フェスタお礼―マタハラ判決に見る経営者のあるべき姿
 11月13日東社労自主研フェスタで私がマタハラ判決について発表しました。
 その機会に、経営者のあるべき姿について会場の皆様と一緒に議論いたしました。


過労死等防止対策推進シンポジウム(2018年11月6日) 
 もはやパワハラは放置できない。

 11月6日に過労死等防止対策推進シンポジウムに出席しました。
 ご遺族の声にぜひ耳を傾けてください。パワハラはもはや放置できない問題です。
                                 以上

社会保険労務士制度創設50周年記念式典

  社会保険労務士法は昭和43年(1968年)6月3日に公布され、昭和44年(1969年)10月1日より施行されました。
今年は制度創設50年になります。
全国社会保険労務士会連合会では、天皇皇后両陛下の御臨席を賜り、12月5日に制度創設50周年記念式典を東京国際フォーラムで開催されました。


    開式、記念講演(全社労最高顧問大槻哲也先生)の後、記念式典です。
一同起立し拍手の中、天皇皇后両陛下が御臨席されます。
全社労大西建造会長の式辞、表彰。そして、来賓の三権の長・厚生労働大臣の祝辞。
出席者一同拍手を送ります。
その時、天皇皇后両陛下は、出席者の拍手が終わった後も、最後まで拍手を続けられるのです。


   式典が終わり、天皇皇后両陛下が御退席されます。
両陛下が舞台の袖に向かわれ、そのまま御退席されると思っていました。
ところが、舞台袖で両陛下は立ち止まり、私たち出席者の方に向かって静かに頭を下げられたのです。
出席者それぞれに様々な思いがよぎったと思います。
私は、自分がこの場に臨むことができたことに感謝し、両陛下の心からのお辞儀をこれからの励みとしたい、と誓いました。


   その後、厚生労働省後援のシンポジウムがあり、閉式となりました。
全社労の飯田副会長は、閉式の辞の中で、両陛下のご退場の時のことを振り返り、「陛下は、私たちに何かお言葉を賜わろうとされたのではないか。」と言っておられました。
おそらく、出席者一人一人は、お言葉以上のものを心に刻んだと私は思います。


記念講演とシンポジウムの模様については、別途ご報告いたします。


銅鑼猫

東京カベナント教会のクリスマス

虎猫の属する東京カベナント教会ののクリスマス行事をご案内します。
詳しくはホームページおよびFacebookからどうぞ。
【ホームページ】


【Facebook】


1.12月16日(日)アドベント(待降節)第三聖日礼拝
 第一礼拝 午前9時~
 第二礼拝 午前10時20分~
  メッセージ「二人の放蕩息子たち」         
  杉田政志牧師(ダブリン・バプテスト日本語教会牧師)   
  *ダブリン・バプテスト日本語教会のほか、七つの地域を定期巡回。
   日本各地の教会・幼稚園での講演活動などに奉仕されています。
 午後3時~4時30分  
  ハンドベルコンサート
  玉川聖学園ハンドベル部
  *ハンドベルの美しい響きは一度聴いたら忘れられません。
   毎年、東京カベナント教会でコンサートをしていただき、大好評です。


2.12月23日(日)クリスマス親子礼拝
 第一礼拝 午前9時~
 第二礼拝 午前10時20分~
  メッセージ「クリスマスの奇跡の知られざる理由」
  ランドル・ミン牧師(当教会牧師)
   *英語でのメッセージ。通訳もつきますのでご安心ください。
    ミン先生の英語はとてもわかりやすいです。
    英語を学びたい人、英語の響きを楽しみたい人は、ぜひお越しください。
  賛美
   ジョイフルキッズ(小学生以上の子供たちの賛美グループです 
   カベナントコワイヤ(教会の聖歌隊・虎猫も所属しています)


 午後2時半~4時
  ジョイフルクリスマス
  ジョイフルキッズミュージカル
  「エンジェル・アラート」
  (小学生以上の子供たちの賛美グループのミュージカルです。毎年大好評です。)


3.12月24日(月・祝)クリスマスイブ礼拝
  午後4時~6時
  キャンドルサービス
  カベナントコワイヤ賛美


虎猫 
  
  

虎猫銅鑼猫のクリスマスブログ

クリスマス第2アドベント(待降節)を迎えました。
このブログでこれまでに投稿していたブログの中から、クリスマスに関係のある記事を選んでみました。
ぜひご一読ください。また、ご家族やお知り合いの方などに適宜ご紹介ください。


◎虎猫のブログ仲間のニックさん、アーニャさんがまとめた記事。
 ロシアとメキシコの素敵なクリスマスです。
 ロシアとメキシコのクリスマス(ニック&アーニャ)


◎ニックさんアーニャさんへのお礼に、虎猫が書いたクリスマス小話。
 聖書にでてくる羊飼い、そして3人の博士の物語です。
 クリスマス小話(1)羊飼いの星 
 クリスマス小話(2)三人の訪問者



◎イエス様とローマ皇帝を比べ、あなたはどちらを選ぶのか、と問いかけます。
 クリスマスの選択



◎昨年のクリスマスイブ礼拝の賛美について。
 クリスマスのトライアングル


◎多彩な方言で語るイエス様の生涯の物語。
 「ガリラヤのイエシュー」 この豊饒な世界



◎イエス様の十字架刑の後のエルサレムにタイムスリップした作家が見た世界。
 キリスト・コミッション いつでも奇跡はそこにある


◎若者は洞窟で何を見たのか、どう変えられたのか?
「キリストコミッション」の作者の最初の作品。世帯中でベストセラーになりました。
 世界最強の商人(オグ・マンディーノ)



◎リストがキリストの生涯をオラトリオにしました。大曲です。
 虎猫がこの実演に接し、感動のままにブログにしました。
 リスト《キリスト》オラトリオ



◎マザーテレサも大切にした10の戒めの成立の経緯、そしてどんな内容なのか。
 大阪のおっちゃん訳でお届けします。
 それでもなお人を愛しなさい。


そして、次もご覧ください(12月10日追記)
東京カベナント教会のクリスマス


(注)ここをクリックして記事一覧を見ることもできます。
上記では私なりに順序配列を工夫してみました。
虎猫銅鑼猫のクリスマスブログ


虎猫




士業のための紙芝居型講師養成講座

士業のための紙芝居型講師養成講座をお薦めします。
紙芝居型講師養成講座、7日間無料動画講座、「士業のためのストーリー型講演のポイント」など盛りだくさんの内容、リーズナブルな料金設定、そして効果は絶大です!
皆さんも私たちの仲間に加わりませんか?

次のサイトで詳細をご覧ください。



私銅鑼猫の実践例は次のタグでご覧ください。YouTube でも公開しています。
紙芝居で考える「働き方改革」(過労死は会社を潰す。仕事と介護の両立)
新幹線脱線事故の悪夢―紙芝居動画公開!
「テレワークが拓く未来(きっかけ編)」紙芝居型動画公開!
テレワークが拓く未来(老兵は死なず編)紙芝居型動画公開!
緊急出版!「テレワークが拓く未来ー何かが変わる!」


銅鑼猫