toranekodoranekoのブログ

クリスチャンブロガーが綴るブログです。
明るい高齢化社会、病から得た様々な宝、世の中の動きへの警鐘(銅鑼)を鳴らすこともあります。
ときどき大阪弁も出てくる聖書物語もお楽しみに。
主催者のほか様々な協力者も登場します。

タバコの害を直視しよう。

 タバコについては、受動喫煙の問題が大きく取り上げられますが、タバコの害は受動喫煙にとどまるものではありません。
 失火原因の上位を占めるのはタバコの火の不始末、大惨事も引き起こしています。
 乳幼児等の誤嚥の上位を占めるのはタバコの吸い殻です。
タバコの規制については、失火、誤嚥の危険も考慮して決めるべきです。受動喫煙の問題だけを殊更に強調して論ずるのは、まさに煙に巻く行為です。


①タバコの火の不始末が大事を生む・失火原因の上位も占める。
 小田急線の電車延焼事故の原因になったのは、線路脇のボクシングジムのタバコの火の不始末による火災と伝えられています。タバコが重大事故の原因になることを直視すべきです。
 1987年11月18日ロンドン地下鉄キングスクロス駅の大規模火災では31人が亡くなり、100人以上の負傷者を出しました。この原因もタバコの火の不始末です。
「火災を起こした原因となったのは1本のマッチでした。誰かがタバコに火を点け、火が点いたままのマッチを古い木製のエスカレーターに捨てた事で火災が発生しました。この頃ロンドンでは禁煙運動が少しずつ広まってきていて、ちょうどこのキングスクロス駅でも禁煙が呼びかけられ始めていた矢先の出来事だったそうです。」(キングスクロス地下鉄火災の原因と犯人は?現在の状況も合わせて解説!


②乳幼児の誤嚥の上位を占めるのはタバコです。
 次の記事もご覧ください。

命を落とすことも…子どもが誤飲したときの対処法 - NAVER まとめ


No.137タバコの誤飲|一般社団法人 加古川医師会


③屋外の喫煙も命の危険を生む。
 受動喫煙防止の議論が、ともすると屋内主体に検討されているようです。
私は喘息患者です。病院に通院した帰りに、新橋駅の近くで歩きタバコの煙を吸って重い発作を起こし、1週間会社を休んだことがあります。屋外喫煙が時に命の危険を生むこともあることを直視してください。
 いわんや、歩きタバコで人にやけどをさせてしまうなど、良識ある成人にあるまじき愚行です。手にした歩きタバコは、ちょうど幼児の目の高さになることを一度でも考えたことがあるのでしょうか。
もとより、ポイ捨てのタバコが火災の原因になることも考慮すべきです。
屋内外問わず、公共の場・不特定多数の人が行きかう場(たとえば、道路、公園などが代表例です)では、喫煙は規制されてしかるべきです。


 「喫煙者・非喫煙者の共生」という議論がありますが、受動喫煙の問題だけを取り上げて、安易に論じているのではないでしょうか。
個人の嗜好の問題と命・健康の危険の問題はおよそ比較になりません。
タバコは努力してやめることができます。喘息の発作は止められません。発作で急死に至ることもあるのです。
失火も乳幼児の誤嚥も簡単には防止できないでしょう。
以上を考えるなら、屋内屋外を含めた広範な規制を考えざるを得ないと思います。


 東京都が受動喫煙防止条例案について意見募集(パブリックコメント)を行っています。皆さんはどうお考えですか。
東京都受動喫煙防止条例(仮称)の基本的な考え方についてご意見を募集します


銅鑼猫


平安と感謝をもたらすもの

偽りの宗教と真の宗教はどのように見分けられるでしょうか。
簡単です。
偽りの宗教は恐怖と不安を煽りたてます。
真の宗教は魂の救いと平安をもたらします。


障害を持つ子の親の心境は、次のように変化していくと聞いたことがあります。
まず、否定。まさかうちの子が障害を持っているはずがない。
次に、怒りと絶望。なぜ、自分たちだけがこんな目にあうのか。健康な子供たちの姿を見ながら、体が震えるほどの憤り、絶望を感じます。
そして、どうしようもないと知り、あきらめに至ります。


不思議なことですが、これで終わりではないのです。
やがて、感謝の気持ちがおこってきます。


そのとき、私たちが神の姿に似せて作られたこと、心のうちに神のご性格をいただいていることを知ることになります。


世の基準でいう不幸や絶望の現実を前にして、お前の信仰が足らない、教団への献金が足らない、と不安を煽りたてるのが、えせ宗教です。
世の基準でいう不幸や絶望の現実を前にして、なお、魂の平安と感謝をもたらすのが真の宗教です。


涙と共に種を播く人は、喜びの歌と共に刈り入れる。
(旧約聖書詩篇126編5節;新共同訳)


2010年 03月 東京カベナント教会ブログ「重荷をおろして」に投稿した記事です。
台風一過、実りの秋を前に、改めて投稿いたしました。


虎猫


私には夢がある(キング牧師)

私には夢がある。
あの名演説をインターネットで聞くことができます。
リンクをご紹介します。
あのI have a Dream.は、演説の草稿にはなく、その場で語り出された、とも伝えられています。
人種差別は、アメリカだけの問題ではありません。我国自身の問題です。
同じ肌の色を持ち、ともに同じ国に生きる人同士が、互いに尊重し、ともに喜び、ともに泣き、互いに助け助けられて生きることが、なぜできないのか。
今一度、キング牧師の演説に耳を傾けて考えてみたいと思います。


I have a dream-Martin Luther King(English subtitles)(動画・英文テキスト付:13分前後からあのセリフ)


I Have a Dream, Martin Luther King Jr. Full Speech Best Audio(静止画・聞き取りやすい)


英和対訳もでています。
キング牧師“I have a dream"「私には夢がある」演説(全文+和訳)その①
キング牧師“I have a dream"「私には夢がある」演説(全文+和訳)その②
キング牧師“I have a dream"「私には夢がある」演説(全文+和訳)その③END



「喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい。」
(新約聖書ローマの信徒への手紙第12章第15節:新共同訳)


虎猫 ニック&アーニャ






小田急電車延焼事故~失われた現場力

 この事件は、あまりにも単純で馬鹿げた問題です。
火災現場近くに列車を止めてはならない。直ちに現場から離れた場所まで移動させて、乗客・乗員の安全を確保しなければならない。
なぜこの簡単な事ができなかったのでしょうか。


 9月12日の日経新聞朝刊では、「安全対策が裏目に 小田急火災、現場に8分間停車」として、「運転士らの対応はマニュアル通りで、問題はなかったとみられる。」といったコメントが記載されています。心得違いも甚だしいと言わざるを得ません。
ルール・マニュアルを守るべきではなかったのです。現場で危険を察知したならば、運転手はそれに応じて行動しなければならない、という基本原則こそが大切です。
 ルール・マニュアルというのは想定された事態に、間違いなく行動できるように予め対応の仕方を定めたものです。想定外の事態、緊急時には役に立たないことがありうるのです。「急いで運転台に戻ったが、発進には運行全体をつかさどる指令所の許可が必要だ。」というのは通常の場合のルール・マニュアルであり、切羽詰った段階では、こんなルールは守ってはならないのです。人間の体を考えればよくわかります。緊急時には大脳の指令をまたずに、脊髄反射で直ちに身を守ります。熱いやかんにに手が触れたら、アチチというやいなや、手を引っ込めるでしょう。大脳様の指令など待たないのです。緊急時には、遠く離れた指令所の指示を待ってはならないのです。
 いま一つ疑問があるのは、警察や消防の行動です。緊急停止ボタンを押したのは警察官です。消防が「線路で消火活動する必要があるので列車を止めて欲しい。」と言われ、警察官がボタンを押したのです。よりにもよって火災現場で電車が止まってしまったら、消火活動そのものにも支障が生じます。警察官は、停止した電車に駆け寄って事態を説明し、直ちに電車を動かすよう依頼しなければならなかったはずです。
 運転士が下車して踏切に問題がないかを確認したが、火災のことに気がつかなかった。これは運転手の責任ではありません。現場の警察・消防が運転士に直ちに伝えることを怠った、ということではないでしょうか。
 緊急時に現場の判断で人命が救われた事件は、多々あります。小田急がルール・マニュアルを直すのであれば、「緊急時には現場の判断で乗客・乗員の安全確保を第一に考えること。指令所の指示を待ってはならない。」という大原則をまず掲げるべきです。
この事件については、なお、様々な調査コメントが寄せられるでしょう。改めて論じたいと思います。


銅鑼猫


「不正・不祥事は他人事ではない」セミナーお礼

9月7日(木)銅鑼猫が講師になったセミナー「不正・不祥事は他人事ではない」は、無事終了いたしました。
参加者29人、この協会のセミナーとしてはまずまずの規模。
受講者は、内部監査やリスク管理部署などの専門家が主体、公認不正検査士資格を持つ方12名、公認会計士など他の専門資格を持つ方も参加され、少し緊張しましたが、この方々に少しでもお役に立てれば、と考えて臨みました。
初めから、講師からの一方的な講義ではなく、受講者の皆様との質疑応答・議論も盛り込みたいと申し上げ、実際に試みました。
思いもかけず活発な議論が巻き起こりました。不正調査に対する考え方、対応の仕方が決して一律ではなく、また銅鑼猫の講義に基づいて様々お気づき頂いた点もあったようです。
銅鑼猫からは、受講された皆様自身でご所属の会社・組織の中でセミナー研修を実施いただくための様々なヒントも提供しました。
さらに、事務局の方からのご提案で、講義の終了を早め、公認不正検査士の受講者の方(12名)にご経験も含めて一言ずつお話いただく、という企画も急きょ盛り込みました。
現場で苦労し創意工夫を凝らされた貴重なご経験を、率直にお話いただきました(これについては、かなり赤裸々な内容もあり、詳細は書くことはできません)。
終了後の受講者アンケートでも総じてご満足をいただけたようです。
とはいえ、厳しいご指摘も頂いています。自分でも言い足りなかったこと、さらに工夫すべきことも気が付きました。


銀行を退職した一介の年金生活者でも、自分なりに考え、学び、整理してきたことが、現役の皆様向けに貴重なヒントとなったこと望外の喜びでした。
セミナーの講義の部分は、Webで学べる形でも公開を予定しています。


●不正・不祥事は他人事ではない!
  ~現場管理者・本部担当者のための実践ガイド~  是非これだけは知っておこう!

【ポイント】
①不祥事や不正発生時には、混乱の中で迅速な意思決定と行動が求められ、不適切な対応は深刻な二次被害をもたらしかねません。一方で、不正対策への適切な取組みは、不正対策のみならず、人事労務管理、業務管理の改善、組織風土醸成にも大きく寄与します。
②本セミナーでは、事例研究やディスカッションを通じて、現場ですぐ役立つ、具体的・実践的な不正対策の技術を身につけ、さらに不正対策を起点に、人事・労務・業務の管理面の改善や組織風土涵養の貴重なヒントを提供します。
③さらに、このセミナーをもとに、受講者の皆様が自らの組織で、不正対策の研修やセミナーを実践できるよう各種のノウハウも提供します。公認不正検査士 (CFE) の方はもちろん、不正対策に携わる管理監督者、管理部門、現場の皆様に幅広くお役に立てると考えます。さらに、弁護士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士等の専門士業の方々にも貴重なヒントになると存じます。


 講義概要
•調査の目的は事実の確認。間違った調査は、すべてを台無しにする。
•面接調査のルールと定石の重要性。面接の初動の失敗は真実の隠蔽に繋がる。
•類似事案・関連事案の調査は一度では済まない、と心得よ。
•再発防止策の根本は組織本来の統制活動の整備、である。
•内部通報はあくまで最後の命綱。通常のレポートラインの整備こそが肝要。
•会社を根本から腐らせる「落とし穴」。例えば「ヤミ残業は不正の温床となる」。
•社内研修のための活用ガイドを提供。こうすれば実際に対策が打てる。


銅鑼猫