toranekodoranekoのブログ

クリスチャンブロガーが綴るブログです。
明るい高齢化社会、病から得た様々な宝、世の中の動きへの警鐘(銅鑼)を鳴らすこともあります。
ときどき大阪弁も出てくる聖書物語もお楽しみに。
主催者のほか様々な協力者も登場します。

走れ!ザアカイ(新約聖書「ルカの福音書」第19章より)

 ザアカイはエリコの町の取税人の頭で大金持ちですが、町の人には嫌われていました。規定以上の税金を容赦なく取り立てては私腹を肥やしていたからです。


 そんなザアカイに、不思議になついてくれる少年がいました。
いつか、ザアカイがパン屋に取り立てに行ったとき、パン屋が「これでご勘弁を。」と大きなパンを差し出しました。パン屋を出たときに、物ほしそうな目つきの少年に会いました。
ザアカイは何の気もなく「そらよ。」とパンを少年に渡しました。
それ以来、少年は、店の掃除など雑用をしてくれるようになったのです。


 その少年の声がしました。
「おじさん!ザアカイおじさん!」
「なんだ、お前か。パンはないぞ。」
「違うよ、おじさん、イエス様だよ、イエス様が来られたんだよ!」
イエス様?
ザアカイも聞いたことがありました。力ある言葉を語り、病の人を癒し、人びとに慕われ、救世主ではないかとあがめられている。・・・そんな方だと聞いていました。
 外に出てみると、町の人がみな「イエス様、イエス様」といいつつ、どんどん走っていくではありませんか。もうだいぶ遠くまで行ってしまわれたのではないか。
「おじさん、こっち、こっち、先回りしよう!」少年は駆け出しました。
ザアカイはもともと小柄で太り気味。走るのは早くありません。前を走る少年を必死に追いかけました。少年は町の抜け道の狭い路地を突っ走っていきます。
「おじさん、ザアカイおじさん、走って走って、早く早く!」
少年は時折立ち止まっては、懸命にザアカイに呼びかけます。
走れ!ザアカイ。
ザアカイは自分で自分を必死に励まして走り続けました。
「おじさん、こっちだ。イエス様はこっちの方に来られるよ!」


 もう待ち構える人々でいっぱいです。ザアカイが通してもらおうにも、みんな夢中です。それどころか、ザアカイとわかると、足を引っ掛けて邪魔する人までいます。
「おじさん、この木、これに登ればイエス様が見えるかも。」
少年が指差す木にザアカイは取りついて、懸命によじ登りました。
「なんだありゃ?」「ザアカイの野郎だぜ。」
「大きな木にへばりついて、まるでアブラゼミだね。」
下で見上げる人々が遠慮なく囃し立てます。熟れた果物を投げつけてくる人までいます。
ザアカイは木にしがみついてこらえました。


 ちょうどそのとき、イエス様が来られ、上を見上げられました。
ザアカイはさっと血の気が引きました。こんなふうにイエス様を木から見下ろすなんて、とんでもない失礼をしたのではないか。イエス様に叱られるのではないか。
イエス様はおっしゃいました。
「ザアカイ、降りておいで。今日はお前の家に泊めてほしいのだ。」
ザアカイは、木から滑り降りてイエス様の足元に駆けよってひざまずきました。
町の人たちはひそひそとつぶやきました。
「あんな罪人のところに泊まるなんて。」
でもザアカイは立ち上がり、イエス様を自宅に迎えました。
「主よ、私の財産の半分は貧しい人々に施します。私がだまして取り上げたお金は4倍にして返します。」
イエス様はおっしゃいました。
「今日、この家に救いが訪れた。この人もアブラハムの子なのだから。
人の子が来たのは、失われたものを探して救うためなのだ。」


 こうしてザアカイは約束通り、自分の財産の半分は貧しい人に、だました人にはその4倍を払いました。財産はきれいになくなってしまいました。
このうえは、身一つでイエス様のお弟子の端くれに加えていただこう。ザアカイがそう考えていると、またあの少年の声がします。
「おじさん、おじさん!」
「どうした、坊主。悪いけれどおじさんは文無しだぞ。パンも買ってやれないぞ。」
すると、少年は袋を差し出しました。少年の後ろに女の人が立っています。
「ザアカイ様。この子の母です。いつぞや私が病気の時にこの子にパンをいただきました。それから時折お駄賃もいただいたりして、お陰様ですっかり元気になりました。
うちの家のイチジクを干したものです。」
「おじさん、イエス様のところに行くんだろう。手ぶらじゃかっこ悪いだろ。
これ持って行ってよ。皆さんで食べてもらってよ。」
ザアカイは袋を持ちました。ずっしりと重い。きっと一生懸命に干しイチジクを作ってくれたのだな。そう思いました。
「おじさん。」また少年がいいます。
「今度は走らなくてもいいんだよ。イエス様はずっと待っていて下さるから。」
 
 ザアカイは袋を背負い、少年と母親に手を振りながら、イエス様のおられる方へと歩き出しました。不思議なことに、少年と母親だけでなく、町の人々もみな手を振ってくれているのです。


(注)2012年5月に東京カベナント教会ブログ「重荷をおろして」に投稿した記事です。題名はお気づきの通り太宰治「走れ!メロス」に似せたものです。
そして、この少年は聖書には出てきません。私が想像したザアカイの良心の投影です。


虎猫

カナの婚礼(新約聖書「ヨハネの福音書」第2章より)

  私はマリア様の下男のハッサンと申します。
マリア様がカナのご親戚の婚姻の取り仕切りを任されたときにもお供しました。
大わらわで料理や葡萄酒などを用意しました。
ところが、予定外にお客様が増え、また皆さんよく飲み食いされました。
宴会の世話役が青ざめてしまいました。
「ハッサンよ。たいへんだ。葡萄酒が切れた。いまテーブルにお出ししているだけで全部だ。もう皆さん酔いも回っている。安物でいいから何とか調達してきてくれ。すぐマリア奥様と相談してくれ!」


  私もあわててマリア様にご相談しました。
マリア様は息子のイエス様を呼ぶようにおっしゃいました。マリア様のご家族であり、お弟子様ともども婚礼に出席されていたのです。
マリア様はイエス様と何事か相談されてからおっしゃいました。
「ハッサン。何でもこの方のいうとおりにしてあげてください。」
ご自分の息子さんのことを「この方」というのも不思議だと思いましたが、ともかく時間がありません。
イエス様は「水がめに水を一杯満たしなさい。」とおっしゃいました。
下働きの男たちみんなで、100リットルも入るかという大きな水がめ6つに水を一杯満たしました。すると、ぶつぶつと泡が立つような音がしてきました。おいしそうな匂いも漂ってくるではありませんか。
イエス様は「そこから汲んで世話役のところに持っていきなさい。」とおっしゃいます。
私たちは葡萄酒を入れる壺に水がめから汲みいれて宴会の場へ運びました。芳醇な香りがますます強くなっていきます。
「ハッサン、葡萄酒はあったのか。」世話役が青ざめながら叫んでいました。
私は壺を渡しました。世話役は壺から一口すくって飲み、はっと顔を見上げました。
「ハッサン、これはすごい!こんな上等な葡萄酒をどこから持ってきたんだ。」
私は素知らぬ顔で「この家にあったんだよ。」と答えました。
世話役は「花婿さんを呼んで来い!」と叫びます。
呼ばれた花婿さんは、何か落ち度があったのかと、ひやひやしながらやってきました。
世話役が言います。「あんたを見直したよ。この葡萄酒を一口飲んでごらん。」
花婿さんは言われるままに一口飲みました。そして、「あ、これは!」
世話役はさらに続けます「若いのに感心したよ。大体みんな初めのうちはそれなりの葡萄酒を出すが、お客の酔いが回ったら、もう味もわからないだろう、といって安物を出すものだ。あんたは、一番の上物を最後までとっておいたのだ。」
それから「ハッサン、この葡萄酒はどれくらいあるんだ。」
私は答えました。「大がめ6つ。あふれるほどに入っているよ。」


これがイエス様の最初の奇跡でした。あふれるほどの恵みの初めだったのです。


(注)2011年9月東京カベナント教会ブログ「重荷をおろして」に投稿していた記事です。昨年10月刊行の「聖書(新改訳2017年版)」を読み進んでおり、もうすぐ通読を完了します。以前に投稿していた聖書にかかる記事もこの機会に次々ご紹介して参ります。


虎猫

「不正・不祥事は他人事ではない。」Webラーニング(オンラインセミナー)開講!

  今般、日本公認不正検査士協会にて、不正・不祥事対策についてのWeb ラーニング(オンラインセミナー)を開講いただきました。以下の通りご案内申し上げます。
近時、一流企業でも不正・不祥事が続発しています。決して他人事ではありません。
ご一読いただき、ぜひ受講をご検討ください。


◆ 不正・不祥事は他人ごとではない
  ~現場管理者・本部担当者のための実践ガイド~ 是非これだけは知っておこう!


【コースの趣旨・内容】
 不祥事や不正は頻繁には発生しません。いざ有事に臨んで、準備・対策の不足や手順の
不備が明らかになり、混乱の中で迅速な意思決定と行動が求められ、混乱に一層輪を
かけることも想定されます。そして、不適切・不誠実な対応は深刻な二次被害を
もたらしかねません。


 本コースでは、現場ですぐ役立つ、具体的・実践的な不正対策の技術を身につける
ことを目的とします。また、不正対策が、人事・労務・業務の管理面の改善の
起点となり、組織風土の涵養にも貴重なヒントを提供することを狙っています。


 不正検査士にかぎらず、企業の管理部門の方や管理監督者など、一般の方にもおすすめです。
社内教育にすぐ使用できるスライド資料等もPDF形式で提供しています。
***************** 


【開講に至る経緯】  
  開講に至る経緯を少し振り返ります。
銅鑼猫は2015年10月に三井住友信託銀行を65歳定年退職しました。
勤務中に、社内外での大小の不正・不祥事を見て参りました。
世を騒がせる大きな不祥事に限りません。社員のちょっとした問題行動でも、一度発生したときには、現場の人からトップに至るまで、大変なエネルギーを費やし神経をすり減らして対処を迫られます。なかんずく不正・不祥事の行為者本人こそが大きく傷つきます。
コンプライアンスの担当者として、自分がやるべきことをしてきたのか、対応にあたる人をサポートできたのか、なかんずく行為者を救うことができなかったのか、忸怩(じくじ)たる思いでした。
   退職後に、自分なりの教材の企画を日本公認不正検査士協会に持ち込み、幸いに賛同いただき、さんざん回り道しながら、ようやく開講に至りました。
   同協会のセミナーは、不正対策のエキスパート向けの相当に難度の高いものです。
私が今回目指したのは、現場の管理者・担当者に明日からでもすぐ使えるノウハウをお伝えすること、バックグラウンドの理論のエッセンスを短時間で理解いただくことでした。
   WEB セミナーは、100分程の講義を収録したものです。レジュメについても、スライド一枚一枚に丹念に書きこむうちに、100枚を超えました。しかし、一枚一枚は読みやすくできたと思います。これをお読みいただくだけでも基礎的な知識ノウハウを身につけていただけるでしょう。講義録画を受講いただければ、スライドに書ききれなかった知識ノウハウとともに、私なりの熱い思いをお伝えできると思います。
 不正・不祥事への真摯な取り組みが、発生した問題の解決のみならず、人事・労務・業務の管理面の改善の起点となり、組織風土の涵養にも貴重なヒントとなることもご理解いただけると存じます。


   なお、昨年1月30日の日経新聞「私見卓見」欄に私の投稿「ヤミ残業は不正の温床になる。」*を掲載いただきました。これは教材企画中に纏めていた2枚のスライドの趣旨を元にしています。電通の若い女性社員の過労自殺事件を機に、「ヤミ残業いわゆるサービス残業の問題」と「ハラスメントの問題」について、経営者へのメッセージとして投稿したものです。
教材を手に取っていただければ、おそらく、他にもさまざまなヒントを見つけていただけるのではないか、と思っております。
 *日経投稿の全文は銅鑼猫の以下のブログからもお読みいただけます。
  日経新聞への掲載「ヤミ残業は不正の温床になる。」


   いまは、多くの方にこの教材を知っていただき活用いただくことが、私の現役時代のやり残しのせめてもの罪滅ぼしと考えております。
受講された方がすぐ社内研修などで活用いただけるよう、PDFファイルも添えました。
自ら学習されるだけでなく、広範な方を学びに導いていただくようお願い申し上げます。


銅鑼猫


そのとき大地が動いた―へたの横スキー物語(平昌オリンピックに寄せて)

私がひょんなことからスキーをはじめたのは44歳の時でした。
仲間に見守られながら、まず、左足にスキー板をはき、ついで右足にも板をはきました。とたんに、平坦だったはずの大地が足元でぐらり!と揺れました。仲間が支えてくれなかったら、盛大に転んだところです。
まず、スキー教室に入りました。初めに教えられたのは転び方と起き方でした。「スキーは転んでうまくなる。安全に転び、自分で立てることが第一」というわけです。
初心者向け指導に定評のある教室です。2日間の指導で、初心者むけの緩い斜面なら、曲がるも止まるも自由にできるまでになりました。
3日目、悪い仲間たちです。何も知らない初心者を中級者向けの斜面に連れ出しました。
スキーをした方ならお分かりと思いますが、「斜度20度」というのは、初心者にとっては崖と同じです。
「私たちもそうやってうまくなったのよ。その右から左まで滑ってごらんなさい!」脅されすかされ、恐怖に震えて泣きながら、転び方・立ち方をまず教えられた幸運を体中でかみしめながら、何とか下りてきました。
その先は、昨日まで学校で習ったあの緩斜面でした。まっ平らに見えました。
歓声を上げて突っ込んで行きました。


その数年後、富良野に行きました。広大な斜面で、雪質も最高です。
すべりおりているうちに、ふと体の力が抜け、雪に身を預けるような感覚を覚えました。
そのとき、大地が動きました。自分が曲がろうとしているのではなく、景色が右から左へ、左から右へと流れて行くのです。映画でも見ているような感覚です。
「雪よ、私を受け止めて!」身を投げ出すと、白銀の世界がやさしくわが身を抱きとってくれるのです。


今は事情があってスキーから離れていますが、またいつか、やさしく自分を抱いてくれるあの世界に戻りたいと思います。


高嶺(たかね)の麗しさは全地の喜び
北の端なるシオンの山は大王の都 

旧約聖書詩篇48編2節(新改訳2017版)


(注)2010年2月バンクーバーオリンピックの時に東京カベナント教会ブログ「重荷をおろして」に投稿していた記事です。平昌オリンピック開幕を期に再投稿しました。


虎猫

ナルドの香油(ヨハネの福音書第2章より)

 私はマルタ様、マリア様に長くお仕えしているばあやのアンナと申します。
あのナザレのイエス様が来られた時のことはよく覚えておりますよ。
なにしろ、ラザロ様をよみがえらせて下さった偉い先生です。
心を込めてお食事をおつくりして先生とお弟子様たちに捧げました。
マリア様はしばらく先生の足元でお話を伺っていらっしゃいました。


 今だから申し上げますが、お弟子様たちのなかには、まあよく飲むわ食べるわ「お~い女中さんよ。ワインをもっとほしいな!」など、遠慮のない方もいらっしゃいましたし「お前よりおれの方が先生によくお仕えしているんだ。」などと自慢話を声高になさったりする方もいらっしゃいました。
 会計の担当のお弟子さんは、食事の最中も帳簿を開いて、何かぶつぶつ言いながら、お仕事を続けていらっしゃいました。
先生はひとり静かに食事を続けておられました。


 マリア様は何事かマルタ様とお話になると、席をはずされ、しばらくたつと、ナルドの香油の壺を持って戻ってこられました。
ご存知でしょうか。はるか東の国から伝えられたとても高価な香油です。
マルタ様、マリア様のお母様が家宝のように大切にされて、お亡くなりになるときにお二人に遺されたものです。
「お前たちの一番大切なときに使いなさい。」そうおっしゃっていたのを覚えています。
300デナリといいますから、そうですね、お国の一流会社の若い社員さんが一年間一生懸命働いてようやくいただけるかどうかの額とでも申しましょうか。


 マリア様はイエス様に近づき、ためらいもなく壺の口を割ると、イエス様の頭に注ぎだされました。とたんに部屋中が香油のかおりでいっぱいになりました。
それからマリア様は、イエス様の足元にひざまずき、香油をイエス様の足に塗り、ご自分の髪でぬぐって差し上げたのです。
 マリア様は、長い美しい髪をなさっている方で、村の若い衆の憧れにもなっている方です。
 その自慢の髪を右手に束ね、左手でイエス様の足を支え、幾度も幾度もぬぐっていらっしゃいました。マリア様は泣いているようにも見えました。
お弟子様たちも、その場に居合わせた人々もみな、息をのんでこの様子を見ていました。


 そのとき、あの会計係のお弟子さんが立ち上がりました。
「なんと無駄なことをするんですか。そんな高価な香油を。売れば貧しい人々に施しができるでしょう。」
幾人かのお弟子様たちも、次々と「そうだそうだ。この女は何と無駄なことをするんだ。」とマリア様を責めたてたのです。
マリア様はもうお気の毒なぐらい青ざめて立ち尽くしていらっしゃいました。


 そのとき、イエス様が手でお弟子様たちを制していわれました。
「この人を責めてはならない。私のためにいまこの人ができることをしてくれたのです。
私の埋葬の用意をしてくれたのです。
あなた方にはっきり言っておきます。
福音が宣べ伝えられるところなら、この人のしたことが伝えられて、この人の記念となるでしょう。」


このイエス様の言葉の本当の意味を知ったのは、それからしばらく後のことでした。


(2011年8月7日東京カベナント教会礼拝のメッセージ 
当時のキリスト者学生会(KGK)関東地区主事 田中秀亮兄*「ナルドの香油」に触発されて作成した記事です。東京カベナント教会ブログ「重荷をおろして」に掲載していたものですが、新しい聖書「新改訳2017年版」を読み進むうちにこの場面に至り、再度投稿いたしました。)(*田中先生は現在は四国高松「八栗シオン教会」牧師を務めておられます)


虎猫