toranekodoranekoのブログ

クリスチャンブロガーが綴るブログです。
明るい高齢化社会、病から得た様々な宝、世の中の動きへの警鐘(銅鑼)を鳴らすこともあります。
ときどき大阪弁も出てくる聖書物語もお楽しみに。
主催者のほか様々な協力者も登場します。

小諸にわらじをぬぐ者は ふたたび小諸に来たる

【2015年7月東京カベナント教会ブログ「重荷をおろして」に掲載したものです。
本年5月13日改めて賛美の機会が与えられることを機に、再掲いたしました。】
【投稿日付が7月25日になっていますが、実際は4月25日です。
ブログの運営者に調べていただきましたが原因不明。ご迷惑おかけしますがそのままとさせていただいています。】  


2015年に小諸聖書教会に賛美のご奉仕に参りました。
その4年前にも奉仕に伺ったときに頂いた、ミニチュアのわらじです。
再び小諸に来ることを望み、コンパクトカメラのケースにしまって持ち歩いていました。そして願いはかなえられました。


 朝の礼拝で「聖なるかな万軍の主」を奉げました。
イザヤ書第6章からとられた曲です。


  清水修子先生のお説教「霊的に新しく生まれる。」
ヨハネの福音書第3章です。霊的に新しく生まれ変わること、永遠の命、神は、実に、そのひとり語を愛されたほどに世を愛された、というあの核心へとつながっていきます。
お説教の中で特に印象深かったのは「神は人に世を支配することを命じられたが、この『支配』とは、命令することではなく、お世話をすることだ。」とおっしゃったことです。
「あなたは猫を支配して思い通りに動かすことができますか?」
もちろんできません。人間は、猫一匹をも、自分の思い通り動かすことはできません。
神は人に絶対専制君主になることを命じられたのではないのです。
猫ちゃんが居心地良く過ごせるようにお世話することです。
ちょうど、神様が私たちにしてくださっているように。


 そして教会の皆様が作り持ち寄っていただいた山のようなご馳走で、交わりのひとときを持ちました。写真は、そのごく一部です。
自然豊かな小諸の地の恵みを、参加された人の方々の真心を、心ゆくまで味わいました。



午後からはチャペルコンサートです。


Ⅰ.「感謝の賛歌」(詩編100編)
東京カベナント教会の辻本文子姉が教会宣教50周年で奉げられた曲です。
力強い響きが会堂いっぱいにあふれました。


Ⅱ.水野源蔵の詩による歌
「まばたきの詩人」水野源蔵先生は、全身マヒにかかりました。まばたきで文字板を指して美しい詩をいくつも紡ぎだされました。武義和先生が曲をつけました。
イエス様復活の朝を歌う「こんな美しい朝に」 動物も人もふさわしく「生きる」
そして、「ただキリストの贖いゆえです」


ヨハネ福音書11章にもとづく清水先生の短いメッセージ
「わたしはよみがえりです。命です。」


Ⅲ.「受難(パッション)」
(末尾掲載のブログご参照。2016年6月に山形の地で規模を拡大して奉げました。)
   今日のメインです。聖イグナチオ教会のホイヴェルス神父が詞を作られ、山本直忠先生(髭の指揮者山本直純先生のお父様)が作曲されました。
1994年に上野の奏楽堂で演奏されて以来です。20年ぶりの再演となります。
すべてを演奏すると2時間かかります。その中から数曲を抜粋しての演奏です。
エンゲルコールの奏楽者湯浅照子先生(オルガ二ストとして各地で活躍されている)は直忠先生の御嬢様、直純先生の妹様です。お父様が渾身の力を振り絞って作曲された「受難」の再演を願って様々準備をされ、ようやく小諸の地にて再演されることとなったものです。


  まず、湯浅照子先生が曲を紹介されました。お父様が「ピアノの上に五線譜と聖書を置き、祈りながら作曲された」と言うお話は、演奏する者にとって身の引き締まる思いでした。DVDの山本直忠先生の言葉を思い出しました。「私は祈りながらこの曲を作った。不思議な力に支えられひと月でスケッチを完成することができた。そして今もなお祈り続けている。」


   オルガンが響きピアノが縁取る前奏から曲は始まります。
イエス様をののしる群衆の姿、「われ決して汝を否まじ」と必死に言うペテロに「鶏が再び鳴く前に、汝は三度我を否まん」と厳しく言うイエス様、ゲッセマネの園で血の涙を流して祈るイエス様、そしてついに捕えられ、こぶしと唾のあざけりに打たれる姿・・・
十字架にこそすべての救いがあります。「われを愛さば後に来たれ」とのたまうイエス様のあとを慕って私たちは進みます。


最後はシェリーの「光り輝く朝が来る」
暗い罪の夜は明け、救いの恵みのもと、光り輝く朝が来ます。救われた者は、地の果て世の果てまでも、たたえ歌を歌い続けます。


こうして小諸のコンサートの幕を閉じました。


【注】「受難(パッション)」については、その後山形の教会でさらに規模を拡大して捧げる機会がありました。以下のブログをご参照ください。
「受難(パッション)」を捧げた恵み~真夏の祈り~


虎猫

JR西日本は、なぜ失敗を繰り返すのか。

 異音・異臭・振動を感ずれば、何らかの異常があったと考えなければならない。
新幹線でも自動車でも飛行機でも常識です。
新幹線は時速200キロを超える巨大な重量物が地上を突っ走っているのです。
一歩間違えば、大惨事が起こります。


 運転手は「小動物がぶつかったと思った。これまでも似たようなことがあった。」等といっているようです。すなわち今までも(おそらくこの運転手に限らず)同様の問題が生じていたのでしょう。
ひょっとしたら、安全のためと思って列車を止めるなどして、上司から「こんな程度のことで列車を止めるな!運行に支障が生ずる。」と叱責されたのかもしれません。


 JR西日本では「マニュアルには『異音を聞いたら指令所に報告せよ』と書いてある。」と言っています。
まるで運転手だけが間違えたかのように言い放っています。


心得違いも甚だしい。
「マニュアルは、作っただけでは守られない。」こんなことは業務管理の常識です。
マニュアルを周知徹底するためには様々な仕掛け工夫が必要です。
いくつかヒントを申し上げます。


①チェックリスト、定時報告等で、いやが応でも報告する仕組みを作る。
 運行中に例えば、30分に一度チェックリストにチェックをする。
「この時間帯に異音を感じなかったか。」「異臭を感じなかったか。」「異様な震動を感じなかったか。」
これにチェックをすることで、「そういえば・・」と思い起こすでしょう。


 あるいは、30分に一度指令所に報告する。
「異常ありません。」だけではだめです。
「異音はありませんでした。」「異臭はありませんでした。」「異常震動は感じませんでした。」といった類の個別具体的な報告を求めるのです。
(30分に一度が適切なのかどうかは、よく検討してください。停車時に報告する、の方が良いのかもしれません。)


 「異音を感じたら報告せよ。」というだけでは、運転手が自ら積極的に行動しないと、報告は行われません。人間は楽な方向に動くのです。
いやが応でも報告せざるを得ない仕組みを作るのです。


②小さな異常を見逃すことが大事故に繋がる。繰り返し朝礼や研修で徹底する。
 朝礼などで「安全は全てに優先する。」「小さな異常を見逃すな。すぐに報告せよ。」と全員で唱和(一緒に大声で唱える)。
 あの先頭車両の写真を職員控え室・宿舎等に大きく掲示して、「安全は全てに優先する。」「小さな異常を見逃すな。すぐ報告せよ。」と大きな字で書いて貼り出す。
 小さな異常が大事故に繋がる具体例を簡単なシナリオ、紙芝居動画などで周知する。
 (紙芝居動画については後述のブログご参照:は私の仲間の弁護士・社労士が取り組んでいる情報発信プロジェクトです。難しいことをわかりやすく伝えるためにシナリオ・紙芝居形式を用いたものです。)


 理屈を語ってもだめです。
先頭車両の前面カバーの大きな破損等から部品脱落事故が起こったら、それだけで死傷事故などの大問題に繋がりかねないのです。


③JR 他社に頭を下げて教えを請う
 異音を見逃す、また以前の台車亀裂事故では、異臭を見逃した。
 JR 他社ではどうなのでしょうか。同様の事態が起こったときにJR 他社ではどのように行動しているか、どのように職員に徹底しているか、頭を下げて教えを請うのです。
あるいは、JR 各社の現場担当者で意見交換をする、そのような場を設けるのです。
一室に集まる必要はありません。電話会議でもテレビ会議でもいいのです。
最近ならばZOOM システムといったオンライン会議の優れたシステムもあります。


 はっきり申し上げれば、西日本本社の頭でっかちがあれこれ考えるよりも、現場で知恵を出し合う方がよほど効果的でしょう。


【参考】
この問題に関連しては幾度かブログでも取り上げています。ご覧ください。
安全はすべてに優先する。新幹線台車の亀裂事故は大惨事になりえた。
JR西日本の常軌を逸した連絡体制
新幹線脱線事故の悪夢(BEFORE製鋼、BEFORE工業)
④脱線事故の悪夢―紙芝居動画公開!


銅鑼猫

べんけい飛脚(山本一力)

べんけい飛脚(山本一力)



【注】
 2015年4月東京カベナント教会ブログ「重荷をおろして」に投稿した記事です。
図書館で借りて、夢中で読み終え、さっそく感想を投稿しました。いま読んでもあのときの熱い気持ちを思い出します。】


 江戸時代、加賀藩前田家の窮地を救うために藩御用の飛脚たちが中山道を走りぬきます。彼らを束ねる飛脚問屋の頭の命を受け、それぞれ鍛え抜かれた自慢の足で、幾多の障害をも乗り越えていきます。


 飛脚たちだけではありません。
街道で前田家の大名行列を迎える人々も、家臣たちもその勤めを懸命に果たします。
前田家五代目の殿様綱紀(つなのり)は、江戸でも国許でも、また参勤交代の時も、屋敷を抜け出して町民の姿に身をやつし、市中を歩き、民の姿を自ら見て歩き、政道に生かすことを常としています。若い将軍吉宗のために誠心誠意尽くします。吉宗もまた綱紀を心から尊敬し、みずからの後見人であるとまで考えます。
 綱紀は、将軍吉宗を源義経に、そして自らは義経を守った武蔵坊弁慶になぞらえます。
綱紀は中山道をひたすら走り抜いて、命がけで大切な書状を届けてくれた飛脚たちに、自分を支えてくれる家臣たちに感謝を惜しみません。ひとりひとりが自分自身の源義経のために武蔵坊弁慶となって自らの命をかけて支え合っているのです。
「ひとはだれしもが、義経に仕える弁慶」
 この小説の中で描かれているのは、自分に与えられた仕事を忠実に、しかも誇り持ってやり遂げる男たち女たちの姿です。
このような人々によって、この国は昔から支えられているのです。


「あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は、皆に仕える者になりなさい。
あなたがたの間で先頭に立ちたいと思う者は、皆のしもべになりなさい。」

(新約聖書マタイの福音書第20章第26~27節より:新改訳2017版)


虎猫

おっちゃんはファーストクラスに乗るのだ!

【参考】
 2013年4月に東京カベナント教会ブログ「重荷をおろして」に投稿していた記事です。
この当時は外食でお客様がお店の人に「ごちそうさま」というのは大阪ではよく行われているが、東京ではあまり見られなかったようです。
 しかし最近は、特に若い人を中心に東京でも「ごちそうさま」という人を、よく見かけるようになりました。皆でファーストクラスに乗りましょう!!


  「ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣」という本を読みました。


 著者の美月あきこさんは、航空会社のキャビン・アテンダントとして長く勤務され、その中でファーストクラスに乗るVIPのお客様にはいくつかシンプルな共通の習慣があると気づかれました。ビジネスにも日常生活にも参考になるとして、この本にまとめられたものです(ご自身は、このシンプルな習慣を実践して起業に成功されています)。


  本の中で、ファーストクラスに乗る方は「ありがとう」というお礼の言葉をすぐ口にする、という趣旨の一節がありました。
ファーストクラスの料金はびっくりするほど高いのです。自分のお金で乗るのではなく、例えば起業に成功した創業者などが会社のお金で乗るのです。そのような人は苦労をしておられるだけに、人との関係の大切さをよくわきまえている。それだけに人を動かす言葉や態度を身に着けておられるのだそうです。


  そういえば、大阪では、レストランや食堂などで、お客さんが帰り際に「ごちそう様」と必ず言う、とテレビで取り上げていました。
大阪のおっちゃんやおばちゃんは、自分のために労して食事を作ってくれた人にごく自然に「ごちそう様」というのです。金を払っているのだ、お礼など言わなくてもよい、などというのは、つまらぬ意地というべきでしょう。
私自身(大阪出身)は外食で「ごちそうさま」というのはあたりまえのことと思っていましたが、東京では言わない人の方が確かに多いようです。私はごく自然に言っていますし、時には「今日の○○とてもおいしかったですよ。」などと言うこともあります。
お店の人は大喜びします。ぜひ一度お試しください。


外食の後の「ごちそう様」
これは大阪発の全国区マナーとしてぜひ広げていきたいものです。


 但し、私はファーストクラスに乗ったことはありません。つつましい年金生活者です。
収入はささやかでも心は錦。
明日からも「ありがとう」と「ごちそうさま」を忘れずに!


【ご参考】
大阪のおばちゃんについての次のブログも併せご一読ください。
「おばちゃんはクリスチャン?」


「すべてのことにおいて感謝しなさい。
これが、キリスト・イエスにあって神があなた方に望んでおられることです。」

(新約聖書「テサロニケ人への手紙第一」第5章第18節:新改訳2017版)


虎猫

面談記録の録音の可否(秘密録音をためらうな)

不祥事などが起こる都度に、面談記録について録音すべきかどうか、議論になります。


 私なりには次のように考えております。
録音は、身を守るためというだけでなく、お互いの誤解を防ぎ、認識を共通にするための必須のことです。
ビジネスの場で言えば、お客様には「大切なことなので念のため録音させていただきます。」と申し上げておくべきかと思います。
  もちろんクレームになりそうなお客様であれば、録音は必須であり、相手方も録音していると覚悟して臨む必要があるでしょう。実務的には、相手方から「録音していないだろうな。」と聞かれた場合でも、「もちろんしていません。」と答えつつも秘密録音しておくべきだと考えております。
「信頼関係の破壊」というリスクはあるかもしれません。元々信頼関係が構築されない懸念のあるお客様であれば、ぶちまけて言えば、信頼関係破壊のリスクは、そもそも気にする必要もないと思います。
訴訟の場では証拠能力は認められており、使う使わないは別として、武器は多いほど良いと思います(末尾参考の最高裁判決をご参照ください)。


  とはいえ、私の勤務中に、上席者から「不正不祥事調査における録音の要否」について問われた時には、「案件ごとに事情が違うと思うので、その時の状況の下で弁護士の意見を確認するのが良いと思います。」といって逃げておりました。
一方で、勤務先が信託銀行であり、年配のお客様が多く「言った言わない。」のトラブルはしょっちゅうありました。お客様の了解を得てお話内容を録音させていただく、というルールもその当時には作られました。


   改めて考えてみるに、例えばハラスメント調査で被害者に面接するような場合は、判断が難しいかもしれません。面接をする側からすれば、録音しておきたいところですが、当事者の感情を考えると、録音自体がたちまち信頼関係の破壊に繋がるかもしれません。
とはいえ、会社の対応不備として紛争になりうることも考えれば、頭を下げて録音を認めてもらうのがまずは適切かもしれません。なお、加害をしたと疑われる方への面接であれば、躊躇せず録音しておくべきだと思います。


 近時の政治家・官僚の様々な不祥事を見るに、身を守り、いざという時に動かぬ証拠とするためにも、秘密録音をためらうべきではない、と今は考えております。
①前財務事務次官のセクハラ問題
 女性記者が秘密録音をしていたからこそ明るみになったのです。そして、官僚のセクハラ問題への対応のきっかけになったのです。
(この問題について「はめられた。」等という主張が大臣・政治家・マスコミなどで見受けられますが、心得違いです。身を守るための最後の手段だったのです。
勇気ある行動が実を結ぶように私たちも関心を持って見守っていくべきです。)


②モリカケ問題
 今こそ、志のある官僚の皆様に提案します。
政治家や高級官僚からの指示等については、躊躇せずに秘密録音しておくべきです。一発で問題が明らかになります。
 この国の歪んだ意思決定を改めるきっかけになるでしょう。言った、言わないの不毛な議論で、どれだけ国会の審議時間が無駄に費やされたのでしょうか。


なお補足します。
 おそらく、政権側は「モリカケ問題はもううんざり。」という声が起こることに期待しているのでしょう。
 野党が本当に提案すべきは、特別調査委員会など、国会と別の場で冷静に検討する仕組みを作ることです。しつこく提案し続けるべきです。
政権側は反対でしょう。大臣の風上にも置けないような人物を「再発防止のために全力を尽くしていただきたい。」と称して、見え透いた弾よけに使っているのですから。


【参考】
本年2月日本公認不正検査士協会にて、不正・不祥事対策についてのWeb ラーニング(オンラインセミナー)を開講いただきました。
◆ 不正・不祥事は他人ごとではない   ~現場管理者・本部担当者のための実践ガイド~ 是非これだけは知っておこう!
 秘密録音の問題も少し勉強して、教材に取り入れました。実務家としては前述の通り、相手に嘘をついてでも秘密録音をしておくべきではないかと、自分なりには割り切っております。



最高裁平成12年7月12日第二小法廷決定
判例の評釈:早稲田大学刑事法学研究会「相手方の同意を得ないで相手方との会話を録音したテープの証拠能力が認められた事例」 


銅鑼猫