toranekodoranekoのブログ

クリスチャンブロガーが綴るブログです。
明るい高齢化社会、病から得た様々な宝、世の中の動きへの警鐘(銅鑼)を鳴らすこともあります。
ときどき大阪弁も出てくる聖書物語もお楽しみに。
主催者のほか様々な協力者も登場します。

メヒコで見つけた素適な私―チカちゃんに何が起こったのか。 12月3日スーパーピアザ報告

  NPO法人多言語(たげんご)広場(ピアザ)CELULAS(セルラス)では、それぞれの地区のピアザ(イタリア語で広場)で活動しています。
毎月1回スーパーピアザという各ピアザ横断の参加自由の催しを行っています。


  10月27日~11月4日までメキシコ・ホームステイ交流がありました。
セルラスの6名のメンバーが参加、現地のクエルナバカの私立小学校(幼稚園併設)「Colegio Mundo Feliz(コレヒオ・ムンド・フェリス)」が交流先です。
そして、12月3日(月)午前10時から12時渋谷区恵比寿でのスーパーピアザは、メキシコ交流の参加者の1人チカちゃん(仮名)の素適な報告がメインでした。
チカちゃんはご家庭の主婦です。


1.泉のように湧き出たスペイン語・怒涛の日本語
 チカちゃんは突然スペイン語で10分程のお話しを続けられました。
出席していたのはほとんどがセルラスのコーディネーター(ピアザの世話役)。
ニック1人よくわからないままに、他の出席者の笑いと涙のノリの良い反応を見て、ああ、自分1人寂しく置いてきぼりか・・と不安に駆られながら聴いていました。
「ここからは日本語にします。」
「ホッとしました。」と申し上げたところ、皆さんは「私たちもみんな同じですよ。」と笑顔でおっしゃいました。
そしてそこから50分。笑いと涙、怒涛の独演会がはじまったのです。


 チカちゃんによると、今日の朝、何を話すかまとめてみようと思ってスペイン語で書き出すと、次から次へと言葉が湧いてきたのだそうです。
それもすごいが、その後の50分間の独演、そして質疑応答のすごさ。
ここでは、ただ特徴的なポイントだけをご紹介します。


2.ホストファミリーとの出会い・そして理解
 ホストファミリーは、こちらのスペイン語の能力などお構いなしに、容赦なくスペイン語で語り出された。一つだけでもわかる単語が出てくればラッキー、という状態。まさに想像だけの世界。
不思議なことに、それで何の不安も感じなかった。何の問題もなかった。
 とはいえ、会話の中で私に話しかけられていても、「私に話しかけられているのだ。」ということすらわからなかった。そのうち家族が気付いて、私に話す時には「チカ!」とまず呼びかけてくれるようになった。
 私の乏しいスペイン語、英語もお互い似たり寄ったり。難しい言葉になるとスマホの翻訳機能が役に立った。
そして何よりもジェスチャーだ。ピアザではロールプレイでジェスチャーを多用しているので、いざという時役に立つ。すると相手もジェスチャーで応じてくれる。相手も私に合わせて変ってくれるのだ。



3.メヒコ(メキシコ)の桃太郎・折り紙等
 日本文化の紹介ということで、小学校では紙芝居を3回演じた。
小学校低学年の子供たち、そのお迎えの親御さんたち、そして、教育委員会の偉いさんには、さしで(マンツーマンで)話した。
 お題は桃太郎。セルラスのストーリーブック*の言葉を使って適当にアレンジした。
「おじいさんは山に芝刈り」にではなく「さあ仕事だ。」という決まり文句にしてしまうなど。低学年の子には少し分りにくかったかもしれないが、親御さんそして、教育委員会の偉いさんはしっかり反応があって安心した。
ストーリーブック:メンバーの体験などをもとに数十話のストーリーを纏めたテキスト。英語、スペイン語、ロシア語、韓国語、中国語。現在、フランス語も作成中。


 子供たちには、折り紙や紙風船も大いに受けた。鶴を折ってあげるとみんな大喜び。
ホストファミリーの男の子が鶴の折り方を教えて欲しいとつきまとったが、時間がなくて教えられなかったのが残念だった。
 子供たちのためにカードに日本語で名前を書いてあげた。
漢字をまぜてと思ったが、次から次へと子供たちが押し寄せてくるので、カタカナ1本になってしまった。


4.人との出会いを求めて
 思うに、私はスペイン語を話しにいたのではない。人に会いに行ったのだ。
伝えることを一生懸命にやってきたのだ。
この「人に私のことを伝えたい」という気持ち。それがあれば何の問題もなかった。
「話す」ではなく、「伝える」なのだ。


 以前に韓国に行った時もあるが、その時はホストが日本語の達者な方で、こちらもそれに甘えてしまった。
今回はそうはいかなかった。
今回のメヒコが充実した理由は整理すると次のようなことか。


①日本語がなかった。

②伝えるということを意識した。

 セルラスのTACOタイム*は、まさにこれだ。ジェスチャーを使い、自分の知っている限りの単語でともかく、伝えること。
但し、改めて感ずる。シャドーイング**をなめてはいけない。インプット あればこそのアウトプットだ。
口に出して発音することで初めて話せるようになる。


TACOタイム:ピアザのメニューの一つ。2人1組になり、多言語で自己紹介をしたり、自分の体験を話したりする試み。もちろん、とても流暢には話せない。話せないながら、お互いに創造力と創造力を働かせて何とかコミュニケーションをとる。その上で、他のチームのメンバーに自分のパートナーがどんな話をしたかを紹介する。
「自己紹介」ならぬ「他己紹介」に多言語コミュニケーションを引っかけたのが、TACOの名称の由来。
**シャドーイング:CD を聴きながら自分も声を出して真似する。通訳さんがよくやる練習方法です。


③日本で多言語活動を行う意義を見つけた。
 スペイン語を取得する、という目的だけならスペイン語圏に行くのが早い。
だが、なぜ日本で多言語活動をやっているのか。改めてその意味を考えてみた。
日本だからこそ、一つの言葉に固執しないで多言語ができるのだ。
「しゃべれるようになる。」という目標はやめよう。
そうではなく「この人に伝える術(すべ)を考え実践しよう。」と考えるべきだ。5ヶ国語もやっとおれば、どんな人とでも何とかなる。
私たちの目標は通訳になることではない。人に伝え、人から伝えられる。それこそが目標ではないか。


5.言葉ではなく気持ちが伝わる―爆笑体験―
 「紙風船」は大いに受けた。沢山差し上げたが、残ったものをホストのお母さんがくださいとおっしゃった。
「もちろんいいですよ。」と言ったつもりが、ストーリーブックの例文を取り違えて「もちろんダーメ!」と満面の笑みで言ってしまっていたのだ。
大爆笑。
笑顔で紙風船を差し出す私を見て、言っている言葉は「ダーメ」でも、伝えたい気持ちは「もちろん OK」ということは、間違いなく伝わるのだ。
私のドジは、おそらく、一家の中は言うに及ばず、学校の中でも、そして町中でも今頃は大評判になっているだろう。


6.目、目、目!
 思い出す映像は、メヒコの人の目、目、目!
メヒコの人の特徴はしっかり相手の目を見て話すことだ。
我国で時折見られる(あるいはご家庭でもしばしば見られるが)
よそ見しながら話すような人では、思いは伝わらない。


7.言葉には風景がある。
 私はしゃべりに行ったんではない。伝えるために行ったのだ。
そうだ。セルラスでやっているのはこれだ!!!
英語が苦手な人が多いのは、どうしても「ちゃんと話そう。かっこよく言おう。」という気持ちが先立ってしまうからではないか。
自動車にホストファミリーと一緒にのっていた時に「この辺見覚えない?前も通ったんじゃない?」とホストから言われたのが、はっきりとわかった。
その単語は全然わからなかったはずなのに、その場面その状況で、まるで日本語で話されたように頭の中にスカッとイメージが伝わってきた。
ある人が言っていたが、言葉には風景があるのだ。


8.「話せる人」「話せない人」の分かれ目は何か?
【その場での議論の中から】
 外国に行っても言葉ができない人は沢山いる。話せない人は沢山いる。長期間外国に行っても結局話せないという人も多い。
一方で、日本に来る留学生の流暢なこと。1~2か月というようなごく短い期間しか日本にいない人でも、話す方は本当に支障がない。なぜだろうか。
日本のアニメに憧れるなど、夢を持ち、強烈な心を持っているかではないか。
流暢な留学生たちの話す日本語は学んだ日本語ではなく、暮らした日本語ではないか。


【次のブログもご参考に】
メヒコで出会った素敵なアミーゴ(メキシコで出会った素敵な友達)


次のタグで私達の多言語活動の記事を纏めています。
ニック&アーニャ - muragon(ムラゴン)
多言語活動 - muragon(ムラゴン)


ニック&アーニャ


#多言語 #セルラス #メヒコ



不妊治療と仕事の両立に関する研修 (1月22日立川他)

 東京都産業労働局が「東京都チャイルドプランサポート事業」として、「不妊治療と仕事の両立に関する研修」を各地で開催されています。
 趣旨は次の通り。今日的なテーマです。人事労務担当者や社会保険労務士など広範な方にぜひ知っておいていただきたい知識です。
「近年、不妊検査や治療経験のある夫婦の割合は、増加傾向にあります。
 また、その多くが治療と仕事の両立を困難と感じ、やむを得ず退職したり、治療を諦めざるを得ない状況にあり、企業内における不妊治療に対する理解促進や、仕事との両立に向けた職場環境の整備が重要な課題となっています。
 そこで東京都では、企業の経営者や人事労務担当者の方に向けて、不妊治療の基礎的な知識や、仕事と両立していく上での労務管理上のポイントなど、必要なノウハウを提供する実践的な研修会を開催します。」


今後、1月10日新宿、1月22日立川で開催されます。
特に立川についてはまだ席に余裕があるようです。
ご興味のある方は、申し込んでみられたらいかがでしょうか。
「不妊治療と仕事の両立に関する研修」申し込みサイト


【この事業の問い合わせ先】
株式会社東レ経営研究所
働く人のチャイルドプランサポート事業研修担当


東レ経営研究所様は、人事労務関係の研修に取り組まれており、私も様々お世話になっています。
先日投稿のとおり「激動する世界情勢とイノベーションの新潮流」などグローバルな視野の研究も大変充実したものでした。
激動する世界情勢とイノベーションの新潮流―東レ経営研究所特別講演会(その1:インドシフト「バンガロール」)
激動する世界情勢とイノベーションの新潮流―東レ経営研究所特別講演会(その2:中国・深圳レポート)
激動する世界情勢とイノベーションの新潮流―東レ経営研究所特別講演会(その3:日本産業界の立ち位置)


銅鑼猫


退職代行は弁護士に頼むべし

  11月9日東京都社会保険労務士会中野杉並支部の研修(二金会)で、「退職代行弁護士井上裕貴先生」のお話を伺いました。
 井上先生は、退職代行弁護士Google 検索第1位(2018年10月現在)という専門家です。
具体的な事例に基づく生々しい解説(もちろん、現実の事例を参考に編集されたもので、守秘義務は遵守されています)。
パワハラや病気、あるいは転職等の事情で会社を辞めようとしても、辞めさせてくれない。懲戒解雇扱いにするぞ、等と脅される。もちろん、労働者・雇用者どちらにも非がある等、微妙な例もあるようです。
このような様々な事例こそ弁護士としての腕の見せどころで、実務的に適切な解決をはかっておられます。ホームページを見ると料金もリーズナブルなものと思われました。
【参考】中野駅前総合法律事務所労働事件のプロ弁護士による退職代行サービスについて


   退職代行については、退職代行サービス会社などを想定される方もいらっしゃるでしょう。しかし、井上先生によると、大きな問題があります。企業への退職通知提出や交渉業務、残業代・退職金の請求等が弁護士法違反の可能性が高いと思われるからです。
しかも、仮に訴訟に発展した場合には、当然ながら退職代行サービス会社では対応できません。なお、司法書士の場合も交渉業務、残業代・退職金の請求等には制約があり、結局、法律業務範囲に制限のない弁護士だからこそ幅広いサポートが可能になる、と考えられます(末尾参考を参照ください)。


お話を伺ったあとで私は次のような感想を持ちました。皆さんはどうお考えですか。
「基本的な疑問・・・・。
 やめたい人を無理に引き止めることが、会社にとって本当に適切なことなのか。
労使紛争の可能性が高まるだけではないか。辞めたいという意思の人がそのまま真摯に働き続けることも期待できない。会社にとって無理に引き止めること、それも乱暴なおどし文句で引きとめることが得策とは思えない。
 間に入った中間管理職などが自分の保身のために、よく考えずに強引な引き止めをしているのではないのだろうか。
 なお、会社にとってかけがえのない人ならば、本人とよく話し合って労働条件を改めるなど、本人の選択で会社にとどまることを選ぶ方法を工夫すべきものでしょう。」


【参考1】退職代行弁護士が語る!退職代行と弁護士法違反の全て
 次のように解説されています。
同事務所では「『個人が業として行う退職代行や退職代行会社が業として行う退職代行が弁護士法72条違反になるか否かについては確たる判例・裁判例は存在しないものの、弁護士又は弁護士法人以外の者が業として行う場合には弁護士法違反の可能性が極めて高い』と回答させていただいております。」とされています。
 弁護士法72条の禁止行為に該当しうるからです。
「弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。」


【参考2】労働者の辞職の申し出の効力
 契約期間の定めのない労働契約を結んでいる場合、原則として労働者は、理由を問わずいつでも労働契約の解約を申し入れることができる。申し入れから2週間を経過すれば使用者の承諾がなくても労働契約は終了する(民法627条1項)。
 有期労働契約については、契約期間の途中で退職することは基本的には、契約違反となるが、1年を超える勇気労働契約を結んだ労働者は、当該労働契約の初日から1年を経過した日以後は使用者に申し出ることによりいつでも退職することができる。


【参考文献】
①東京都産業労働局
 ポケット労働法2018 第9章会社を離れるときに


東京都労働相談情報センター - TOKYOはたらくネット発行物
 使用者のための労働法 Ⅸ 労働契約の終了(438.3KB)
                                   以上
銅鑼猫


東社労総合労働相談所等―お困りのときの大きな助け―

  東京都社会保険労務士会では、労使紛争の解決に従来から力を入れており、最近は特に注力しています。労働局や労基署では敷居が高いかもしれませんが、社労士会であれば気楽に相談いただけるかもしれません。二つの制度をご紹介します。


「総合労働相談所」
【ホームページより】
「社会保険労務士が事業主や従業員の抱えるトラブルに対処、個別労使紛争の事前防止や解決のお手伝いをします。解雇・賃金・退職金・セクハラ・男女差別・休日・休暇・労働時間・労働災害等、労務問題全般」


 無料の相談です。1回80分の相談、最大3回まで利用できます。専門家に話を聞いていただくことで、様々な解決のヒントが得られるでしょう。
 私もお2人の方に紹介しました。お1人については、私も相談に同席しました。
2人のベテラン社労士が親身になって相談に応じていただきました。お客様お2人とも大変満足され、適切な解決が得られたようです。
 相談時間が80分あるので、十分お話ができるでしょう。電話相談もありますが、おそらく面談のほうが落ち着いて相談できるのではないかと思います。
毎週火曜日、木曜日、第1、第3土曜日の10時半から15時50分まで。


②社労士労働紛争解決センター東京
 社労士会労働紛争解決センター東京は、「裁判外紛争解決手続の利用の促進に関する法律(ADR法)」に基づく法務大臣の認証及び厚生労働大臣の指定を受けて、労務管理の専門家である特定社会保険労務士が、トラブルの当事者の言い分を聞くなどしながら、その知見と経験を活かして、個別労働関係紛争を、「あっせん」という手続により、簡易・迅速・低廉に解決(和解の仲介)する機関です。
 2017年3月に東社労で模擬あっせんの研修会がありました。
 パワハラで退職を余儀なくされた労働者が、使用者に慰謝料などを請求してあっせんを申し立てた、という設定で、臨場感あふれるものでした。
 このケースでは、会社の社長がすぐに非を認めて解決金を支払う形で終了しました。
労使双方が直接顔を合わすことは一切なく、あっせん委員(ベテラン社労士)2名が双方の言い分を聞き、仲立ちしながら解決策を提案していく様子がよくわかりました。


銅鑼猫

未来を見つめて(ジョージ・ブッシュ著)

 ジョージ・ブッシュ元大統領(父)が亡くなりました。
「未来を見つめて」は故ブッシュ氏が副大統領時代に刊行された自叙伝です。
大統領就任当時に日本語訳が刊行され読んだことを思い出しました。
原題は、Looking Forward。
Amazon でも中古の出品しか見当たりませんが、図書館などでは在庫があるでしょう。
ぜひ、再度発行していただきたい本です。
手元にないので、記憶をたどって書いています。
 第2次大戦時に海軍のパイロットとなり、日本軍に撃墜されて九死に一生を得る。
戦後、石油採掘に従事して財を築く。ブッシュ家では、若いうちに稼いだら、その後は公共のために尽くすというのがしきたりで、政界への進出を決め、下院・上院の議員選挙に挑戦し失敗しながら、最後には頂点を極めるのです。
 この本の中で一番印象に残っているのは、ブッシュ氏が共和党上院議員のときのエピソードです。
民主党のジョンソン大統領がベトナム戦争の失敗の責任を取って辞任します。
ブッシュ氏は、自分の信頼できる側近に、自分は何をすべきかと尋ねます。
側近は答えます。「ジョンソン大統領のところにご挨拶にいらっしゃってはいかがですか。」
 ブッシュ氏は、辞任するジョンソン大統領のところに挨拶に行きます。共和党の議員の中でジョンソン大統領辞任のときに挨拶に行ったのは、ブッシュ氏だけだったのです。
辞任したといっても前大統領です。ジョンソン氏は、それから、ブッシュ氏のために心を込めて様々なサポートを行うようになります。
失意のときの友こそ真の友になります。


銅鑼猫