toranekodoranekoのブログ

クリスチャンブロガーが綴るブログです。
明るい高齢化社会、病から得た様々な宝、世の中の動きへの警鐘(銅鑼)を鳴らすこともあります。
ときどき大阪弁も出てくる聖書物語もお楽しみに。
主催者のほか様々な協力者も登場します。

スペシャルオリンピックス日本・東京の中瀬中学校講演181109

スペシャルオリンピックス(以下SO)は、知的障害を持つ青少年のためのスポーツプログラムを開催しています。世界中に組織があります。
東京では「認定NPO法人スペシャルオリンピックス日本・東京」、その他全国各都道府県に組織があります。
SO東京では、毎年杉並区立中瀬中学校で講演や実技を一年生の皆さんに体験していただいています。今年は虎猫がもう1人のお母様と一緒に講演を仰せつかりました。


講演日時 : 11月9日(金) 13時30分~14時20分
講演場所 : 杉並区立中瀬中学校 (杉並区下井草4-3-29)   
講演時間: それぞれ15分程度
講演対象: 中学1年生(総合的学習の時間で毎年スペシャルオリンピックスの学びも行っておられる。)


講演内容から御紹介します。 


・SOに関わるきっかけやSOでの活動体験談。
私の息子は知的障害・自閉症です。
小学校の高学年の頃だったと思いますが、お昼休みなどにバスケットボールのシュートを黙々と繰り返し、結構うまくできたのです。
スペシャルオリンピックスというところで知的障害者向けにいろいろなスポーツを教えていただける。その中にバスケットボールもあるときいたので連れて行きました。
私もバスケットボールは好きだったので準備運動から始めて、一緒にプログラムに加わりました。
パスやシュートの練習はそれなりにできたのですが、いよいよ試合形式の練習が始まったところ、何をしたらいいかわからないままに呆然と立ち尽くしていました。ともかく、それでも通ううちに何となくゲームのルールもわかってきたようです。
 水泳も教えていただけるというので通いました。私も一緒にプールに入って他のお子さんを支えて一緒に泳いだりしました。
スペシャルオリンピックスでは、障害を持つ青少年たちの参加者をアスリートと呼びます。そして、私はファミリーのコーチというわけです。


そうこうしているうちに、ボウリングのプログラムもあると聞きました。
中野サンプラザの会場です。初めて行った時に息子と一緒に張り切って準備体操をしていたところ、主任コーチの方から急に声をかけられました。
「虎猫さん、ボウリングできるでしょう。コーチが1人急に来れなくなったのです。コーチをやってもらえませんか。」
これが、私がスペシャルオリンピックスのボウリングに加わったきっかけです。


・SOに関わって感じたこと、学んだこと等。


 ボウリングのアスリートは、下は小学校から上はかなりの年代の方まで、結構な年齢層にわたっています。男性の方が多いですが女性もいらっしゃいます。
アスリートの中にはいろいろな人がいます。
走り回って手がつけられない、意味もなく大声を上げる、あるいはおとなしすぎるというか、表情がないというか、大変バラエティーに富んでいます。


 私がコーチとして気をつけていることはたった一つです。
褒める時には褒める、叱る時には叱る。
 ボウリングというのは重たいボールを使いますから、ちょっとした注意が必要です。自分が投げる時には左右を見て誰も投げていないのを、確認してから投げる。ボールを持つときは両手で持つ、誰でも、ストライクかスペアとか、うまく投げることができたら、一緒になって歓声を上げハイタッチする。
 ボウリングは、個人競技ではありません。そのボックスに入った数人なり10人なりのアスリートやコーチが、みんな一緒になって取り組むのです。物理的にはともかく、心の中では団体競技なのです。
 褒めて、叱って、そして、走り回る子を取り押さえ、大声を上げる子をにらみつけ、そんなこんなしてる間に数ヶ月経つと、本当に例外なくアスリートは変わっていきます。確実に成長していくのです。この子大丈夫か、だめかもしれない。そんな子も沢山みてきましたが、本当に例外なく元気で 礼儀正しいアスリートに変わっていきます。
ただ、その成長のスピードが人によってまちまちなだけなのです。


 そしてもう一つ。親御さんも変わっていきます。
私はコーチとして、準備運動から親御さんも一緒にやっていただくようにお願いしています。沢山の親御さんが一緒にボックスに入り、アスリートの数が少ない時には一緒にゲームに参加します。
参加したはじめのころには暗い顔している親御さんもいますが、アスリートと一緒に幾度も通ううちに、例外なく親御さんの顔も明るく変わっていきます。


 知的障害を始め、いろいろな障害といわれるもの。ハンディキャップでしょう。しかし、誰にでも平均的な人より遅れているところもあれば優れているところもあるでしょう。人間としての価値は同じです。皆、同じ仲間です。
スペシャルオリンピックス日本の宣言文を最後に申しあげます。
「わたくしたちは精一杯力をだして勝利を目指します。たとえ勝てなくても、がんばる勇気をあたえてください。」


【参考リンク】
「スペシャルオリンピックスとは」より
 創設者 ユニス・ケネディ・シュライバー夫人(故ケネディ大統領の妹)のことば
『スペシャルオリンピックスで大切なものは、
最も強い体や目を見張らせるような気力ではない。
それは各個人のあらゆるハンディに負けない精神である。
この精神なくしては勝利のメダルは意味を失う。
しかしその気持ちがあれば決して敗北はない。』


「スペシャルオリンピックス スポーツルール」より(31頁)
アスリート宣誓
「私に勝利を与えたまえ。もしかなわぬなら挑戦することを称えさせたまえ。」 (直訳文)
「わたくしたちは精一杯力をだして勝利を目指します。たとえ勝てなくても、がんばる勇気をあたえてください。」 (SO 日本アスリート訳 / SO 日本使用)


虎猫

紙芝居型講師勉強会お悩み相談

  私たち「紙芝居型講師」(登録商標)のグループは、専門士業者の集まりです。
「知らないで損するを失くそう」をテーマに、専門知識を紙芝居でストーリーをわかりやすく伝える活動をしています。
毎月一度ZOOM システムでオンライン勉強会・情報交換会を行っています。
10月の勉強会で、銅鑼猫からのお悩みをぶちまけたところ、こんなアドバイスをいただきました。むしろ、お話をしながら自分なりに解決策を見つけていったものです。
一足飛びには解決しませんが、ブログに掲載して自分のこれからの行動の指針としたいと思っております。


―銅鑼猫の「不正・不祥事対応セミナー」をさらに売り込むための方法―
9月12日一般社団法人リーガル・リスクマネジメント研究機構主催セミナー
LRセミナー18/9/12(水)「不正・不祥事防止の2つの視点~監査と職場管理~」お礼
(*リーガルやリスクマネジメントに興味のある会社役職員・専門士業者(弁護士会計士他)など数百人の会員を擁する機構です。
9月12日セミナーは開催告知後たちまち定員60名満席、アンケートでも、内容は大変好評でした。


①お悩み
 銅鑼猫は、以前から存じ寄りの研修会社数社に不正・不祥事対応のセミナーを打診しています。ところが、各社とも「テーマの重要性は理解しているが、お客様からのニーズをあまり聞かない。」として取り上げてはもらえません。
これだけ不正・不祥事が蔓延しており、できる限り多くの方に知っていただきたい、と思っています。
どうすれば、セミナー開催に結びつくか、皆さんにアイディアを求めました。


 相談の手法は「コーチング的対話術*」に基づくブレーンストーミングです。
 *相談者からテーマを聴取の上、理想の姿を語っていただき、質問等を投げ掛けてみる。自分の意見を押し付けるのではなく、相談者に考えてもらう。そのためのヒントを提供していく。


②提案された(むしろ銅鑼猫自身が質問を受けながら思いついた)アイデア(順不同)
 一部の内容を予告編のような形でYouTube に公開する。
 お客様のアンケートなど、喜んでもらった声を纏めて宣伝ツールとする。
 研修会社にもメリットを得てもらおう。研修会社の集客協力なるような方法はないか。⇒それならば、銅鑼猫で宣伝ツールを作って提供してみよう。
 お土産を渡せないのか。⇒「銅鑼猫の電子出版書籍(テレワークが拓く未来:頒価300円)を無料で差し上げます。ファイルで差し上げますから御社の社内研修にもぜひご活用ください。7月テレワークデイズの前に出版したものです。」などはどうかな?
  【参考ブログ】緊急出版!「テレワークが拓く未来ー何かが変わる!」
 テレワークについては、BCP(事業継続計画)の視点からも必須のもの、意義は大きいはず。
 研修会社は顧客のニーズがないといっておられるが、研修会社が、あるいは顧客自身が自らのニーズに気が付いていないのではないか。⇒ありうる。ニーズに気が付いて欲しい。
 入口を考えてみてはどうか。
「リスクマネジメント」「不正・不祥事対応」というから敷居が高くなる。もっと身近なニーズに引き合わせてみてはどうか。
⇒例えば、「人が育たない。」「せっかく育てた人が辞めてしまう。」
 その原因は何か。実は、不正・不祥事の原因と共通している。例えば、ハラスメント、悩み事を相談しづらい雰囲気など。
では、こんなふうな宣伝方法はどうかな?
「こんな悩みはありませんか。『人が育たない。』『育てた人が辞めてしまう。』
その解決の秘訣を一緒に考えてみませんか。(その中で不正・不祥事対応として銅鑼猫が検討してきたアイデアを提示する。
一例を言えば、「上司への報告・連絡・相談は、なかなか敷居が高い。それならば、同じチームのメンバー内で、自分の悩み事・滞っている仕事を出してみて、「その仕事なら私が引き受けましょう。その代わりこれやってもらえませんか。」といったトレード・助け合いを行う機会を設ける。名付けて、宝探しの日、サルベージ週間等・・・


こんなふうにして私たちは、毎月1回勉強会・情報交換会を続けています。


銅鑼猫



11月11日快晴の宇都宮―喜びと賛美のとき

  11月11日(日)快晴
キリスト兄弟団宇都宮教会での賛美奉仕。


  奇しくも当日の月日と同じ11人のメンバーが集い、40数年の伝統を誇るこの地の教会で賛美をささげました。
  四家ひとみ先生主催の賛美グループ「エンゲルコール」(ドイツ語「天使の合唱・天使の賛美」:ルカの福音書2章14節)のご奉仕です。
一人一人の歌い手を越えて、喜びに満ちた賛美が一つの響きとしてまとまり、会堂の中を満たしました。
  メンバーのT姉は、大阪在住で阪神淡路大震災そして、今年の大阪北部地震の中で、主の御声に従い、命と平安が守られたことを証されました。
 牧師の河野(かわの)博好先生は、長野県茅野キリスト教会、北海道中標津(なかしべつ)キリスト教会を経て、宇都宮に赴任されました。
私たちとは茅野教会からの長いお付き合いです。
 先生のメッセージから少しだけお伝えします。
「神を信ずることで、過去に対する自分の取組みが変わる。苦しいこと辛いことも、益と癒しへと変えられていく。」
「戦争も敵対も世の終わりではない。産みの苦しみなのだ。福音が世に伝えられて神の救いが成就される。」


メッセージ「神のマスタープラン」旧約聖書エレミヤ書29章10~14節
そのうち11節を新改訳2017版より引用します。
「わたし自身、あなたがたのために立てている計画をよく知っている―主のことば―。
それは災いではなく平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。」




虎猫


写真の技術―芸術の秋に寄せて(その2)

 虎猫はデジタルカメラをいつも持ち歩いて、気が向けばシャッターを切っています。
結構面白い写真が撮れるので、このブログでも時折、掲載させていただいています。
最近は携帯電話やスマートフォンのカメラの性能が格段に向上しており、デジカメがなくてもいつでも高画質の写真が撮れるようです。


写真についても構図や手振れなどで悩む方は多いようです。
虎猫なりのコツをまとめました。


1.下手な鉄砲も数撃ちゃあたる。
 デジカメの良い点は、いくら撮影してもフィルムがなくならないことです。パソコンに移し替えて、カメラの記録媒体は適宜にクリアしておけば繰り返し使えます。
 次項2で取り上げますが、カメラに写った写真の画像は、肉眼で見るものとは全く別なのです。ともかくたくさん撮ることです。
(プロ写真家の蜷川実花さんも同じ趣旨のことを言っておられたと記憶します。
プロ写真家の撮影現場をご覧になった方は、ともかくものすごい量の写真を撮影しておられるのにびっくりするでしょう)


 撮影の際に、大人しく構える必要もありません。しゃがんだり、這いつくばったり、背伸びしたり、片手だけ突き出したり・・・何をしてもよいのです。
(周りの人のお邪魔にならないように、不審人物と思われないように。たとえば断りなく人を撮影することは絶対ダメです)


2.目で見た光景、ファインダーから見る画像、写真に写った画像は全く別。
 肉眼では例えば左右180度近い光景を見ていますが、ファインダーから見えるのはその一部です。さらに、実際に写真撮影してみると、その画面の大きさ、色合いなど、まるで異なる画像が現れます。
これは撮影してみるまで分かりません。思いもかけない画像が現れることもあります。
 特に、日の光は、不思議な効果をもたらします。
太陽を直接目で見ることは避けなければなりませんが、一度、カメラだけを太陽に向けて、いわばヤマ勘で写真を撮ってみてください。目で見ることのできない不思議な画像になることがあります。あるいは木洩れ日なども、周囲に反射した光が輝くなどの効果が現れたりします。
(以下は神田川沿い。高井戸から浜田山の間で撮影)




3.パソコンで自在の編集
 パソコンでは、このように撮影した画像を、様々に編集することができます。
例えば画像の一部をカットする「トリミング」、画像の明るさ、色合い、コントラストの変更なども自在にできます。


 写真、とりわけデジタル写真は、いわば人の知覚を思いがけない方向へ拡大する大きな可能性を秘めているように思われます。
そして、人の目に見えているものは実は世界の一部にすぎないことを、人智を超えた世界が私たちの外に広がっていることを、逆に気づかせてくれるのです。


 なお私の使用しているのは、キャノンのIXY200Fでした。
2010年頃に1万円でおつりが来た普及品です。撮影はほとんど「オート」一本やりです。
ともかくまずシャッターを押すことです。
(遂に壊れてしまったので、同じキャノンの IXY600Fに買い換えました。中古品ですが、表面に少し傷があるだけで7000円弱で手に入れました。)


「なぜなら、天と地にあるすべてのものは、見えるものも見えないものも、王座であれ主権であれ、支配であれ権威であれ、御子にあって造られたからです。
万物は御子によって造られ、御子のために造られました。」(新約聖書「コロサイ人への手紙」第1章第16節:新改訳2017版)


虎猫



虎猫

過労死等防止対策推進シンポジウム(2018年11月6日) もはやパワハラは放置できない。

11月6日過労死等防止対策推進シンポジウムに出席しました。
シンポジウムは、これからさらに各所で開催されます。
ご興味のある方はぜひご出席ください。


 私は、ここでは11月6日のシンポジウムで、特にご遺族の声から印象に残った点を申し上げます。


   シンポジウムの最後に過労死を考える家族の会の方4名の体験発表がありました。
そのうち3人は若い息子さんを亡くした方でした。
共通の特徴は憧れの仕事に就きながら、過重労働の中、上司からの人格を無視した罵声叱責、要するにパワーハラスメントによって死に追いやられた姿です。
もう1人の方はご主人が高等学校の英語の先生。打合せ中に倒れ、意識が戻らないままの長い闘病生活の末に亡くなったのです。


   働き方改革の中で様々な議論がありました。議論をする方は過労死・過労自死した方の実態を知っておられるのでしょうか。ご遺族の声に耳を傾けたことがあるのでしょうか。
   働き方改革の中で罰則つきの時間外上限規制が設けられたのはなぜか。時間外労働については、これまで原則として労使の協定に委ねられていました。会社には様々な事情があるだろう、労使でしっかり話し合ってルールを作ること、とされてきたのです。
   それが罰則つき時間外上限規制に至ったのは、もはや労使の自治に任せておけない、国家として死ぬような働き方は許さない、という意味なのです。


   しかし、時間外の上限規制だけではおそらく不十分です。人間は誇りをもって働くことが必要なのです。パワーハラスメントの横行は、もはや放置できない状況になっています。厳しい規制が必須です。
   いまだに経営者の中では「指導とハラスメントの境界が曖昧だ。」として、厳しい規定に難色を示す意見が多いようです。
   心得違いも甚だしい。指導とハラスメントは、はっきりと区別する事ができます。
相手の人格を無視した指導は、もはや指導ではないのです。「厳しい指導」とは名ばかりで、およそ指導の名に値しない言動が現場で横行している、ということに過ぎません。
まともな管理・適切なマネジメントのできない上司が、指導と思い込んで弱い者いじめをしているにすぎません。このような指導は、そもそも非効率であり、指導の実を上げることもできないのです。
   こんな簡単な事に気がつかない方に経営者たるの資格はありません。
上司が部下の挨拶を無視、業務の方法についてやり方も教えずに罵声・叱責を繰り返す。これのどこが指導でしょうか。
過重労働に耐えかねて退職を申し出ると、「代わりのものを連れて来い。そうしなければこの業界で働けないようにしてやる。」この暴言のどこが指導なのでしょうか。
 人手不足が深刻化する中、このように働く人の人格を踏みにじるような会社に若い人が来るでしょうか。採用できたとしても定着も難しいでしょう。
外国人労働者を大量に受け入れよう、という動きもありますが、パワハラが横行する会社に外国の若者が来てくれると思っておられるのでしょうか。


 パワーハラスメントは企業の恥、国の恥です。働く人の意欲をそぎ挙句の果てには過労死・過労自殺にまで追い込んでしまう。
厳しく規制すべきです。厳しい規定の中から、真の適切なマネジメントを真摯に追求する会社が生き残り、「指導の一環だ。」という妄想にいまだに取り憑かれている会社は淘汰されていくでしょう。


銅鑼猫