toranekodoranekoのブログ

クリスチャンブロガーが綴るブログです。
明るい高齢化社会、病から得た様々な宝、世の中の動きへの警鐘(銅鑼)を鳴らすこともあります。
ときどき大阪弁も出てくる聖書物語もお楽しみに。
主催者のほか様々な協力者も登場します。

小諸にわらじをぬぐ者は ふたたび小諸に来たる

【2015年7月東京カベナント教会ブログ「重荷をおろして」に掲載したものです。
本年5月13日改めて賛美の機会が与えられることを機に、再掲いたしました。】
【投稿日付が7月25日になっていますが、実際は4月25日です。
ブログの運営者に調べていただきましたが原因不明。ご迷惑おかけしますがそのままとさせていただいています。】  


2015年に小諸聖書教会に賛美のご奉仕に参りました。
その4年前にも奉仕に伺ったときに頂いた、ミニチュアのわらじです。
再び小諸に来ることを望み、コンパクトカメラのケースにしまって持ち歩いていました。そして願いはかなえられました。


 朝の礼拝で「聖なるかな万軍の主」を奉げました。
イザヤ書第6章からとられた曲です。


  清水修子先生のお説教「霊的に新しく生まれる。」
ヨハネの福音書第3章です。霊的に新しく生まれ変わること、永遠の命、神は、実に、そのひとり語を愛されたほどに世を愛された、というあの核心へとつながっていきます。
お説教の中で特に印象深かったのは「神は人に世を支配することを命じられたが、この『支配』とは、命令することではなく、お世話をすることだ。」とおっしゃったことです。
「あなたは猫を支配して思い通りに動かすことができますか?」
もちろんできません。人間は、猫一匹をも、自分の思い通り動かすことはできません。
神は人に絶対専制君主になることを命じられたのではないのです。
猫ちゃんが居心地良く過ごせるようにお世話することです。
ちょうど、神様が私たちにしてくださっているように。


 そして教会の皆様が作り持ち寄っていただいた山のようなご馳走で、交わりのひとときを持ちました。写真は、そのごく一部です。
自然豊かな小諸の地の恵みを、参加された人の方々の真心を、心ゆくまで味わいました。



午後からはチャペルコンサートです。


Ⅰ.「感謝の賛歌」(詩編100編)
東京カベナント教会の辻本文子姉が教会宣教50周年で奉げられた曲です。
力強い響きが会堂いっぱいにあふれました。


Ⅱ.水野源蔵の詩による歌
「まばたきの詩人」水野源蔵先生は、全身マヒにかかりました。まばたきで文字板を指して美しい詩をいくつも紡ぎだされました。武義和先生が曲をつけました。
イエス様復活の朝を歌う「こんな美しい朝に」 動物も人もふさわしく「生きる」
そして、「ただキリストの贖いゆえです」


ヨハネ福音書11章にもとづく清水先生の短いメッセージ
「わたしはよみがえりです。命です。」


Ⅲ.「受難(パッション)」
(末尾掲載のブログご参照。2016年6月に山形の地で規模を拡大して奉げました。)
   今日のメインです。聖イグナチオ教会のホイヴェルス神父が詞を作られ、山本直忠先生(髭の指揮者山本直純先生のお父様)が作曲されました。
1994年に上野の奏楽堂で演奏されて以来です。20年ぶりの再演となります。
すべてを演奏すると2時間かかります。その中から数曲を抜粋しての演奏です。
エンゲルコールの奏楽者湯浅照子先生(オルガ二ストとして各地で活躍されている)は直忠先生の御嬢様、直純先生の妹様です。お父様が渾身の力を振り絞って作曲された「受難」の再演を願って様々準備をされ、ようやく小諸の地にて再演されることとなったものです。


  まず、湯浅照子先生が曲を紹介されました。お父様が「ピアノの上に五線譜と聖書を置き、祈りながら作曲された」と言うお話は、演奏する者にとって身の引き締まる思いでした。DVDの山本直忠先生の言葉を思い出しました。「私は祈りながらこの曲を作った。不思議な力に支えられひと月でスケッチを完成することができた。そして今もなお祈り続けている。」


   オルガンが響きピアノが縁取る前奏から曲は始まります。
イエス様をののしる群衆の姿、「われ決して汝を否まじ」と必死に言うペテロに「鶏が再び鳴く前に、汝は三度我を否まん」と厳しく言うイエス様、ゲッセマネの園で血の涙を流して祈るイエス様、そしてついに捕えられ、こぶしと唾のあざけりに打たれる姿・・・
十字架にこそすべての救いがあります。「われを愛さば後に来たれ」とのたまうイエス様のあとを慕って私たちは進みます。


最後はシェリーの「光り輝く朝が来る」
暗い罪の夜は明け、救いの恵みのもと、光り輝く朝が来ます。救われた者は、地の果て世の果てまでも、たたえ歌を歌い続けます。


こうして小諸のコンサートの幕を閉じました。


【注】「受難(パッション)」については、その後山形の教会でさらに規模を拡大して捧げる機会がありました。以下のブログをご参照ください。
「受難(パッション)」を捧げた恵み~真夏の祈り~


虎猫

テレワークが拓く未来(「老兵は死なず」編)

【登場人物】
 ①これから産業
  楽子さん
  その上司:中山課長
  楽子さんの後輩:鈴木君山本君
  楽子さんの同僚:良子さん
 ②退職した先輩(モエツキさん(燃え尽きさん))


「これから産業」の社内の会話
楽子さんの上司中山課長:
 楽子さん、2ヶ月前に定年退職した「モエツキさん」を覚えているかい?
楽子:
 あ、あの営業の鏡と言われた方ですね。私がしばらく一緒にお仕事していた時は後輩に細かなアドバイスをしてとても信頼されていました。
でも定年になったら、好きなことをする、なんておっしゃってましたね。


中山:
 そうだよ。あれだけのベテランだ。今は若い人を育てる人材が今不足しているんだ。
何とか仕事に復帰してもらえないものだろうかと、この間、電話したりしたけれど、「もう満員電車に揺られて会社へ行くのがこりごり」といって取りつく島もなかったよ。
でも、楽子さん、テレワークという働き方があるじゃないか。若い君からモエツキさんにうまく話してもらえないものだろうか。


楽子:う~む、そうですね。試してみます。



こうして楽子さんはモエツキさんの自宅を訪問しました。


楽子:モエツキさんお久しぶりです。
モエツキ:よく来てくれたね。皆元気でやっているかい。


楽子:おかげさまで皆元気です。
 でも、若い社員をちゃんと育てるのが大変だ、って上司がいつも悩んでいます。
モエツキ:この間、中山君が僕に電話してきて、そんな話をしていたね。
 週に2日でも3日でもいいから会社で若い人へのアドバイスをしてもらえないかと。
 でも、もう満員電車はこりごりだ。しばらく家でゆっくりしていたいよ。


楽子:(でも・・・何だかモエツキさん、昔と比べて元気がないわ。)
 今、お家でどんなことをなさってるんですか?


モエツキ:
 いやまあ、飼い犬を散歩させたり、女房の買い物のお付き合いをしたりだが・・。
 この頃、女房も私が家でぶらぶらしているのに迷惑そうな顔をするんだ。
 それで、図書館に行ったり公園に行ったりして時間をつぶしてるんだ。


楽子さん:先輩、時々、若い人とお話でもしてみませんか。
モエツキ:会社に行くのもわずらわしいよ。


楽子さん:ご自宅でも公園でもお話はできますよ。
モエツキ:若い人が訪ねてきてくれるとでも言うのかい?
楽子さん:いいえ。オンライン会議です。
 どこでもパソコン1台あれば、オンラインで会議ができるんですよ。


モエツキ:
 パソコンか。会社では使わないわけにもいかないので苦労しながら使っていたけれど、あんまり得意じゃないな。


楽子さん:ちょっとこれを見てください。(パソコンを開ける)
 このボタンを押すだけで会議ができるんですよ。
 今ちょうど後輩の鈴木君・山本君に待機してもらっています。
 ちょっとお話していただけませんか
 ・・ポチポチポチ・・・


モエツキ:おや!鈴木君、山本君じゃないか。
鈴木山本:先輩お久しぶりです。お元気ですか。
モエツキ:
 君たちも元気か。へえ!パソコンの画面でこんな簡単に会議ができるのか。
 私の顔も映っているんだね。随分キレイな画像だね。


鈴木山本:映っています、映っています!
 モエツキ先輩、顔だけじゃなくていろいろな資料だって画面に表せるんですよ。
 この間、新任営業社員育成のための手引きを作りかけたのです。
 ちょっと画面に出しますね。


モエツキ:なるほどキレイに出るね。・・・
 ちょっと待ってくれよ。この資料は、新任の営業社員に読んでもらおうというのかい?


鈴木山本:そうです。
モエツキ:「はじめに」と書いてあるところが長すぎないか?
 営業は忙しいんだ。読んでもらうための工夫が必要だよ。
 例えば、「ひとまずこれだけ5原則」といったキャッチコピーから始めたらどうだ。


鈴木山本:え?5原則てなんですか。


モエツキ:フフフ、口からでまかせだよ。お客さんを相手にする時によくやる手だ。
 3つのことをお話します。5つのことをお話します。そんなふうに言ってから、何を話すか考える。そうするうちに頭がフル回転して、3つ5つはすぐ出てくるんだよ。
話の「つかみ」だ。ともかく、相手の心をつかむ(掴む)ことだ。


楽子:(しめしめ、乗ってきた。うまくいきそう。)
 モエツキさんいかがですか。こんなふうにパソコンでどこでもお仕事はできるんです。ぜひ、鈴木君山本君にアドバイスしていただけませんか


モエツキ:わかった。そんなことならお安い御用だ。
 鈴木君・山本君、君たちが作ったその資料は、僕にも見せてもらえるのかね。


鈴木山本:
 もちろんです。一応社外秘の資料になっているので、送り方については、楽子さんに相談して対応します。


モエツキ:頼むよ。まず自分で読み込んでみよう。
 できれば2、3日中にもう一度このオンライン会議とやらをやってみないか。


鈴木山本:お願いします!!


楽子さん:モエツキさん。有難うございます。これがテレワークなんですよ。
 会社に行かなくてもできる仕事はたくさんあります。お手すきの時間に後輩の相談に乗っていただいて、それなりにお支払いすることもできます。


モエツキ:う~む。実は年金だけではなかなか苦しくて・・。
 こんなことでお役に立って報酬もいただけるなら大助かりだよ。


楽子さん:もう1人の方を紹介します。良子さ~ん!


良子:はじめまして!モエツキさん。
モエツキ:はじめまして。良子さんというのかね。
 おやベッドに寝ている。お加減が悪いのかね。
良子:病気でベッドから動くことができません。
 でも、テレワークで楽子さんと一緒にお仕事をしています。


モエツキ:・・・・


楽子:私のよい同僚です。手も少しご不自由です。
 でも、音声入力装置を補助的に使うことでお仕事はできるんです。


モエツキ:・・・・・そうか。ぜひ元気で頑張ってくださいね。


良子:有難うございます。これからもよろしく!


そして・・・


モエツキ:楽子さん、今日はありがとう。ぜひ私ももう一度、仲間に入れてくれ。
楽子:もちろんです!本当に有難うございます。


モエツキ:老兵は死なない。消え去りもしないよ。
 五体満足な人間がぼんやりひきこもっては良子さんにも鈴木君中村君にも申し訳ない。
 中山課長にもお詫びの電話をしたい。


楽子:それもこのオンライン会議で、お顔を見ながらすぐお話しできますよ。


モエツキ:そうか。じゃあすぐに!


【参考:テレワーク関係記事バックナンバー】
テレワークが拓く未来(きっかけ)
「テレワークが拓く未来」紙芝居型動画公開!


銅鑼猫


ふつうの人エリヤ(旧約聖書 列王記 第一 第17章)

 エリヤは王宮から懸命に走って逃れました。
アハブ王が偶像礼拝の罪を犯したのを厳しくとがめ「自分の言葉によらなければこの地には露も雨も降らない。」と宣言してきたのです。すぐに王宮の兵士たちが追ってくるでしょう。


走り疲れ、息も絶え絶えに座り込んでしまったエリヤに、神の言葉が臨みました。
「エリヤよ、エリヤよ」
「はい、神様、ここにおります。」
「ケリテ川のほとりに身を隠せ。川の水を飲め。カラスがお前を養う。」
エリヤは御声のままにケリテ川に身を隠しました。
翌朝、目が覚めると、カラスが飛んできました。一羽はパンを口にくわえ、もう一羽は肉をくわえていました。
「神様、感謝します。本当にカラスが私を養ってくれるのですね。」
朝に夕に、こうしてカラスがパンと肉を運んできてくれました。


  そして幾日もたちました。今日もカラスがパンと肉を運んできてくれました。
でも川の水は涸れてしまいそうです。エリヤは祈り、耐え忍び、神の御声を忠実に待ち続けました。
とうとう川の水が涸れたまさにその時、神の声がありました。
「エリヤよ、エリヤよ。」
「はい、神様、ここにおります。」
「お前はシドンの町ツアレファテに行け。お前を養うやもめがいる。」
エリヤはびっくりしました。
シドンと言えばアハブ王の妃イゼベルの出身地です。偶像崇拝の本拠地です。アハブ王は、このイゼベルを妃にしてから、妃の言うままに偶像崇拝に走ったのです。その偶像崇拝の地の真っただ中に行け、という命令です。
でも、神様のお言葉通り、確かにカラスがエリヤを養ってくれました。
忠実にご命令に従おう、エリヤは決めました。


 ようやくシドンの町ツアレファテの門にたどり着きました。
ちょうど薪(たきぎ)を拾っている女の人がいました。
「おかみさん、すみません。水を一杯とパンを少しいただけませんか。」
「旅のお方ですか。差し上げたいのはやまやまですが、いま我が家にあるのは一握りの粉と油が少しだけです。
今拾ってきた薪でパンを焼いて、私と息子で最後の食事をして、それから死のう、と考えていたところなのです。」
「おそれることはありません。まず私に小さなパン菓子を作って持ってきてください。それからあなた方のためにパンを作りなさい。
神様はおっしゃっています。『この日照りの終わるときまで、かめの粉は尽きず、壺の油は尽きない。』」


 不思議なことをいう人だと思いながら、女の人は言われるままに、まずパン菓子を作ってエリヤに持っていきました。帰ってくると粉も油も減っていないように思えました。それでもちょうど二人分くらいです。これが最後の食事と覚悟してパンを焼きました。
ところが、パンを食べてから、かめと壺を見ると、粉も油もそのまま残っているではありませんか。
「あの方は本当に神の人に違いない。」女の人は町の門まで走ってエリヤを家に迎えました。毎日毎日、エリヤの分も含めて3人分のパンを焼きましたが、粉も油も尽きることはなかったのです。


 ところが、女の人の息子が急に重い病にたおれ、そのまま亡くなってしまいました。
「エリヤ様、神の人。あなたは私の罪を知らせるために息子の命を奪われたのですか。
そのために来られたのですか。」女の人はそう言って慟哭しました。
エリヤは女の人から息子の遺骸を受け取り、自分の床に横たえ、そして祈りました。
「私の神、主よ、どうして私を養ってくださったこの人の息子を死なせたのですか。」
さらに祈りは続きます。
「私の神、主よ。どうかこの子の命をこの子のうちに返してください。」
エリヤは、二度、三度と祈り続けました。
神は祈りを聞かれ、息子は生き返りました。
女性はひざまずき、エリヤに言いました。
「あなたは神の人です。あなたは神の言葉、真実の言葉を語る方です。」


 エリヤの物語はさらに続きます。
ただ一人でバアルの預言者450人と対決して打ち勝ちますが、イゼベルの追及を恐れて山に逃げます。そこで神の声を聞き、神により頼む者の強さを学び、自分の使命を果たすべく再び立ち上がります。


エリヤは、その家系も両親の名すらも伝えられていません。ごく普通の人でした。
それでも神に用いられ、偉大な預言者となったのです。


メンデルスゾーンのオラトリオ「エリヤ」は、この預言者の生涯を描いた名曲です。機会があればぜひ聴いてみてください。


【注】
2012年9月聖書同盟 小山田 格総主事(当時)のメッセージに基づいて、東京カベナント教会ブログ「重荷をおろして」に投稿していた記事です。
小山田先生はその後、東京カベナント教会の牧師を勤められ、今は練馬の地で開拓伝道に就いておられます。


虎猫

東京都の採用支援事業(無料で充実した支援が行われる!)

 4月27日東京商工会議所・東京都共催の労働セミナー「働き方改革の推進~多様な人材の確保に向けて~」で、東京都のご担当の方からご説明をいただいたものです。


人材確保支援事業(中小企業採用力向上支援事業)
  中小企業の人手不足は深刻化しており、人材確保が急務の課題となっています。
(公財)東京しごと財団は、中小企業の採用活動に関する様々なご相談に対応するため、「人材確保相談窓口」を開設されています。
「採用コンサルタント派遣によるコンサルティング」や「人材確保セミナー」等、「採用力向上」に向けて適切な支援メニューが用意されています・


実際の相談事例2例のご紹介もありました。
4回にわたるコンサルティングが無料!で受けられます。
 コンサルティング内容も、求める人材像の整理から始まり、最適な採用チャネルの紹介、ハローワークの求人票の書き方まで、至れり尽くせり、という感じを受けました。


一例の概要を紹介します。(内容は適宜省略整理しています。)
①ニーズ:人員40名の製造業で営業事務の担当者が退職し、急遽補充が必要。
②経緯:有料の民間求人媒体では多額の費用負担を求められたが効果なし。
③コンサルティングの内容
 まずは「求める人材像」を整理する。
 現場社員の意見も聞きながら職場や仕事の魅力を言語化する。
 その内容をもとにハローワークの求人票を抜本的に改善。短時間勤務にも対応できる、教育体制が整っている、などを丁寧に記載。
 たちまち数人の人からの応募があり、ふさわしい人材を採用できた。


【銅鑼猫の感想】
採用に当たっては、「退職者と瓜二つの人を採用する」ことを考えがちです。
大切なのは、おそらく次の三つでしょう。
 本当に会社が求める人材像は何なのか整理しなおすこと。
 採用した人を育成していく社内体制を構築すること。
 応募者の目線に立ってその会社・その仕事に就くことの魅力をわかりやすいように言語化して、求人票に落とし込むこと。


  先にご紹介した「テレワーク」も同じ4月27日のセミナーでご説明があったものです。
「善は急げ」です。すぐ翌週に東京テレワーク推進センターにお邪魔して、テレワークの魅力をしっかりと教えていただきました。
【A.シナリオ「テレワークが拓く未来(きっかけ)」
 B.紙芝居型動画「テレワークが拓く未来」紙芝居型動画公開!


こんな充実したセミナーも推進センターでのご説明も無料で受けられるのです。利用しない手はありません。


銅鑼猫



「テレワークが拓く未来」紙芝居型動画公開!

 先にご案内の「テレワークが拓く未来」を紙芝居動画にして、公開いたしました。
ぜひ、一度ご覧ください。
【5月15日追記】
紙芝居型動画はこれで5本目になります。末尾のバックナンバーをご参照ください。
これからもどんどん公開していきます。ご意見ご希望などあればお寄せください。


銅鑼猫



テレワークが拓(ひら)く未来―きっかけ―


【5月15日追記】紙芝居型動画バックナンバー
①~③紙芝居で考える「働き方改革」(過労死は会社を潰す。仕事と介護の両立)
 3本の紙芝居型動画を纏めてご紹介しています。
 ①「過労死は会社を潰す。」
  過労死が会社を潰し、経営者の身の破滅にもつながることへの警鐘です。
 ②「仕事と介護の両立」(その1)
  仕事と介護の両立に失敗した会社の悲惨な末路です。
 ③「仕事と介護の両立」(その2)
  仕事と介護の両立に成功、イノベーションのきっかけを作ったか医者の事例です。


新幹線脱線事故の悪夢―紙芝居動画公開!
 製鋼所・重工業会社それぞれでどんな間違いが起こっていたのでしょうか。
 大惨事を免れたのは、幸運な偶然にすぎません。
以上