toranekodoranekoのブログ

クリスチャンブロガーが綴るブログです。
明るい高齢化社会、病から得た様々な宝、世の中の動きへの警鐘(銅鑼)を鳴らすこともあります。
ときどき大阪弁も出てくる聖書物語もお楽しみに。
主催者のほか様々な協力者も登場します。

霞が関で何が起こっているのか。

霞が関で一体何が起こっているのでしょうか。


毎月勤労統計の問題で多くの方は呆れ果てているでしょう。
実際の行為のみでなく、その後のでたらめな調査報告で、恥の上塗りを重ねているのです。そして、私がこれまで折に触れて書いてきたことが、そのままズバリ当てはまっていることに暗然たる思いです。


1.調査委員会の異常さ
 調査委員会に関しては、郷原信郎先生のYahoo!ニュース記事をご覧ください。


以下は、私が書いた記事から抜粋します。


2.現場の無能・無責任・恥知らず
「障害者雇用」だけの問題と思うな。官庁等の無能・無責任・恥知らずは底なしと考えよ。


「誤解のないようにはっきりと言っておきます。我国の中央省庁も地方自治体も、無能で無責任、恥知らず、ということです。所管省庁が明確に定めた基準すらまともに読みこなせず、勝手に解釈して、あとでバレると、基準が曖昧だった、などとでたらめな言い訳を言うのです。 障害者雇用の問題だけ調べてけりをつけてはなりません。役所の無能と無責任を前提にして、他の様々な問題についてもいかに厳格な統制を図るかを真摯に考えるべきです。」


3.中枢部の倫理観の欠如
現場だけではありません。中枢部にも問題が巣食っています。


「イラク日報」と「森友口裏合わせ」が見せた官僚の闇


①日報問題

「この問題のポイントは統幕参事官付からのメールの内容の異常さです。

『探索いただき無いことを確認いただいた組織部署名を返信ください。』という趣旨ですが、これでは『再度調査してください』ではなく『探索したが無かった、と返事してください。』と促しているのです。要するに「指示した結果、無かったという返事が得られた。」というアリバイ作りをしているだけです。
責任逃れだけを考える無能な中間管理職の行動とでもいうべきです。
 よりにもよって防衛相の最側近です。国家存亡の鍵を握ることさえありうる立場の人です。なぜこんな人が防衛相の最側近に取り立てられていたのかが、信じられません。
このような人が取り巻きにいれば、我国の防衛など成り立ち得ません。」


②森友問題

「見え透いた嘘を語ることを国有財産取引の相手方に求める、現場の部局に求める。
このような行動のリスクを認識できないのでしょうか。

(中略)この問題も財務省中枢にゴマすり不見識の輩が巣食っていることを示しています。」


4.政治家の危機管理能力の欠如

もとより、この先には政治家の愚かさが控えています。

恐るべき危機管理能力の欠如です。大げさに言えば、国難と考えるべきです。


森友学園はなぜ問題なのか(危機管理の失敗)

 

「当事者の官僚を国税庁長官に栄転させ、国会の追求を逃れるために野党の臨時国会召集要求を無視し、衆議院解散にまで至った。

安倍首相はいったい何を守ろうとしたのでしょうか。

安倍首相は、憲法改正といった大事の前に、たまたま夫人が関与した一つの学園の不明朗取引を、なぜ強引に闇に葬ろうとしたのでしょうか。
得られるもの、失うものを冷静に見極めて意思決定する。政治家としての初歩的な能力をこの人物は欠いているのではないか。そのように疑われても仕方がないのです。
このような人物が本当に国家の一大事のときに適切な判断ができるのでしょうか。
集団的自衛権の行使要件を適切に判断できるのでしょうか。」


これの処方箋については、改めて書きたいと考えております。


銅鑼猫








英会話をアプリで楽しく学ぶ。

  私は多言語活動をしており、語学の学び方については、いろいろ考えるところがあり、情報収集に努めています。
その中で、こんなサイトを見つけました。



「英会話/英語アプリベスト」


私なりにポイントを一言で言えば、次の通りです。
まず大切なのは日常会話をマスターすること。
そのためには楽しく学ぶこと。


   人間は覚えてもすぐ忘れます。忘れる前に繰り返せばいいのです。
子供が日本語をマスターするときに、文法を学んだり、テストを受けたりしているわけではありません。家族や友達と繰り返し日常の会話を楽しみ、忘れてもまた繰り返し自然に身につけているのです。


ここで紹介する「英語アプリbest」の考え方は、その意味で理にかなっています。


①日常会話から学ぶ。日常のシーンをワクワクしながら学べばよい。あの英語教科書の愚にもつかないつまらない話を繰り返しても、あくびがでるだけでしょう。
よく言われることですが、外国人の恋人ができればあっという間に外国語をマスターしてしまいます。


②リアルな英語を学ぶ。
  とても厳しいことを言われています。思わず吹き出してしまいました。
「日本人の致命的な教育方法として、『英語が話せない人(学校の先生)から学んでいる』ということです。」
「逆に考えると、カタコトな日本語で、下手くそな発音で、文法も間違っている先生から
日本語学んでいる外国人が、日本語上手くなりますか?」


   もう一言付け加えるならば、いやしくも「語学で飯を食おう」という人が、まともな発音も身につけていないというのが、私には信じられません。プロフェッショナルとしての誇りを忘れたのでしょうか。・・言い過ぎかな?
でも、中学・高校で英語、大学ではドイツ語を学びましたが、見事な発音をする先生に出会うと、言葉の響きに魅せられて頭にどんどん刷り込まれていくのを感じました。


  そしてこの「英語アプリbest」では、ボキャブラリーをゲーム感覚で学ぶ、リスニングは面白いストーリーから学ぶ、スピーチピンクもアプリで直接できる、といった様々な仕掛けが用意されています。


  もう一つ。『英語を英語で話す』という中で、赤ちゃんの学び方と大人の学び方が図解で示されています。言葉の響きのままに素直に受け入れてしまえばいいのです。
この考え方は、私の参加している

と相通ずるところがあります。


ご興味のある方は次のブログをご覧ください。


「普遍的言語の基礎構造―人は誰でも見つける力を持っている」


ニック&アーニャ


テレワークが拓く未来(そして管理職が変わった!)紙芝居型動画公開!

「テレワークが拓く未来」3本目の紙芝居型動画を公開いたしました!


 管理職と一緒に「東京テレワーク推進センター」を訪ねた駒子さんたち。
そして、管理職のおじさまは、テレワークがごく普通の働き方だということに気が付きます。そして、会社が変わります。



テレワークが拓く未来(そして管理職が変わった!)


【参考ブログ】
テレワークが拓く未来(そして管理職が変わった!)シナリオ編


テレワークは企業にとって待ったなし!
テレワークが拓く未来(きっかけ編)
「テレワークが拓く未来(きっかけ編)」紙芝居型動画公開!
テレワークが拓く未来(「老兵は死なず」編)
テレワークが拓く未来(老兵は死なず編)紙芝居型動画公開!


昨年7月にAmazon キンドルで出版した「緊急出版 テレワークが拓く未来」についても、近々、改訂版を発行予定です。
緊急出版!「テレワークが拓く未来ー何かが変わる!」


 


銅鑼猫


「お薦めサイト」を紹介するメリットはこれだ!

 私は、ブログを書くネタが尽きる、ということをほとんど経験していません。
どうして?
簡単なコツがあります。
 ネタが思いつかないのならば、他の方の記事やサイトを見て印象深いものを探します。
そして「自分のブログで紹介させていただけませんか?」とお願いします。皆さん快く承諾いただけます。おまけに「あなたのブログも紹介させてください」なんてカウンターオファーが来ます。
このようにすれば、ただブログが書ける、というだけではありません。友達の輪が広がります。自分のブログの守備範囲も広がります。


最近のお薦めサイトについては、次のタグでまとめています。気になった記事は是非ご一読ください。


また皆様にお願いします。「虎猫銅鑼猫がいい事を言ってるな」などとお考えになれば、ぜひ皆様のサイトなどでご紹介下さい。


虎猫 銅鑼猫 執筆者一同



人生100年時代の働き方

人生百年時代・・毎日のようにこの言葉を聞きます。
サラリーマンとして定年まで勤め上げてあとは悠々自適の年金生活、というのは様々な意味でもはや幻想に過ぎません。
①その1:定年後の時間が長い。はっきり言ってお金が足りなくなる。
 年金だけで悠々自適という人は実際にはそんなに多くない。定年後の人生が短いなら貯金取り崩しで何とかなるが、百年とまでいわなくても80歳90歳まで生きるのが当たり前の時代、そこまで貯金が持つ人はどれだけいますか。


②その2:会社はあなたを守ってはくれない。
こんなサイトを見つけました。



 表題だけ見るとバラ色に見えますが、中身を読んでください。優秀なシステムエンジニア(SE)が会社の中で使い捨てにされている、と気づき、そこから様々な道を模索していく姿です。
別にシステムエンジニアだけの問題ではありません。日本の多くの企業では、会社に尽くした企業戦士を大事にする余裕を失っているのです。
日本の高度成長を担ってきた一流企業が、自らの活力の源泉であった勤勉で優秀な社員を「リストラ」と称して使い捨て、放逐している姿です。


 しかし、もう一度自分を見つめてみるべきです。ご自身の市場価値はどれぐらいなのか。一つの会社の中で一生懸命に過ごしてきた方は、多くの場合大変な能力をもっておられるのです。その会社の中では、そのような人々の能力を生かす場が失われていっているだけです。
 このエンジニアのようにご家族を抱えながら、様々な道を模索し最後はフリーランスシステムエンジニアとして生きることを決心。たちまち年収がアップした。
もちろんこんな成功事例だけではありません。失敗事例もあるでしょう。
この方の覚悟は、次の言葉に表れています。
「自分で仕事が選べて、収入が変わらなかったら大成功です。頑張ってチャレンジしてみて、いやーフリーランスシステムエンジニア(SE)も厳しいな〜というと感じたら転職に切り替えればいいじゃないか。」


人生百年時代は「様々な生き方のチャレンジの機会があるのだ。」と考えてみてはいかがでしょうか。


銅鑼猫