toranekodoranekoのブログ

クリスチャンブロガーが綴るブログです。
明るい高齢化社会、病から得た様々な宝、世の中の動きへの警鐘(銅鑼)を鳴らすこともあります。
ときどき大阪弁も出てくる聖書物語もお楽しみに。
主催者のほか様々な協力者も登場します。

テレワークが拓(ひら)く未来(そして管理職が変わった。)

【登場人物】
いまどき産業 駒子さん
駒子さんの先輩 淑子さん
2人の上司 山内課長


駒子:淑子先輩、ちょっとご相談があるんです。
淑子:どうしたの?
駒子:テレワークです。テレワーク国民運動プロジェクト「テレワーク・デイズ」が実施されるのをご存知ですか。
淑子:なんだか聞いたような・・。
駒子:うちの会社ではどうするんでしょう。山内課長に聞こうと思ったんですが、はじめに淑子先輩に、と思って。
淑子:それで何かいいことがあるの?テレワークってIT 企業の問題じゃないの?
駒子:とんでもない。どんな企業でも取り組んでいるんです
 7月23日(月)から27日(金)まで、テレワーク・デイズ2018が開催されます。
2020年7月24日東京オリンピックが開会されます。東京都心等の交通渋滞を避けるためにもテレワークは必須、ということから2017年よりテレワークのお試しを企業・団体等に呼びかける運動として始まったんですよ。内閣官房・内閣府を含めて主要なお役所がみんな音頭を取っています。オールジャパンの運動になっているのです。
淑子:あら大変。こんな大規模の運動なの。でも今年参加するには日がないじゃない。
・・でも、ライバル企業とか取引先とかが参加していて、私たちは何も知らないなんてわけにはいかないわ。
駒子:飯田橋に「東京テレワーク推進センター」というのがあってデモンストレーションとかいろんな説明とか資料ももらえるそうです。ぜひ一度行ってみませんか。
 今年少しだけでも参加できたら、いい話題づくりになります。
山内課長:どうした?2人で話し込んでいて。
駒子・淑子:山内課長、実は・・・。
山内課長:うーむなるほど。そうか。新しい知識を仕込むのは大切だ。
 よし。皆で今日の午後でも行ってみよう。駒子さん、アポイントを取ってくれないか。


(そして、「東京テレワーク推進センター」
センターの担当者:いらしゃいませ。お待ちしていました。
山内課長:お恥ずかしいが何も知らないんです。うちの若い社員がテレワーク・デイズのことを教えてくれたので、ともかく、皆で来てみよう、ということでお伺いしたんです。


担当者:わかりました。皆さん初めはそうですよ。まずは、デモンストレーションを少し見ていただきましょう。
 例えば、こちらの画面です。管理者用の画面ですが、一つ一つの仕事について、どの担当者が今どこまで仕事しているか、この画面の上ではっきりわかります。
山内課長:あれ?これは便利。こんなふうにチームの仕事内容が一目瞭然になるなら、テレワークとか何とかいうより、普段の仕事にだってとても役立つじゃないか。
淑子:フフフ、そうですね。「おい、あれはどうなった。」という課長の声で仕事が妨げられるのがなくなりそうですね。
山内課長:むむむ、痛いところをつくね。そうか。同じ場所にいて、顔をつき合わせて仕事をしていても、実際の仕事の中身をどこまで把握していたのか、疑問だね。
テレワーク、離れて仕事をする。そのために仕事を「見える化」する必要が出てくる。
まさに業務プロセスの管理そのものじゃないか。


淑子:でも、離れて仕事していたら会議なんかどうするんですか?
担当者:オンライン会議システムが様々用意されています。
 最近のお薦めはZOOM システムです。
(注)ZOOM参考サイト:Web会議ソフトZoomの魅力!使い方やダウンロード方法まとめ


淑子:ZOOM?スカイプならば少しやってみたことがあるけれど・・。
駒子:若手男子の今中君が「ZOOMって半端ないっすよ。スカイプよりも使いやすいです。」と言っていました。導入も簡単だし費用もごく安いそうです。無料のサービスもあるそうです。
山内課長:本当か。オンライン会議なんて導入にとてもお金がかかると思い込んでいた。
これは、今中君にすぐ教えてもらわなければ。


担当者:外回りの方など、営業日報をモバイルで送る、といったことはされていないのですか。
山内課長:そうか。それができれば営業は直行直帰ができる。通勤時間も短縮されるし、ワークライフバランスにも役立つ。必要な時にはオンライン会議をすればいいんだ。


淑子:心配なのは情報漏洩ですね。
担当者:皆さん、よくそうおっしゃいます。でも、大規模な情報漏洩というのは、実際には社内で起こってますよ。テレワークのためにシステムを整えることで情報漏洩のリスクはむしろ減っていくのではないか、と思います。
山内課長:確かに、業務がこれだけ「見える化」すれば誰がどんな情報を使っているかがはっきりわかる。なまじ顔をつきあわせて仕事をしてるだけで、誰が何をしてるかを把握していないことが、情報漏洩に繋がってるのかもしれない。


担当者:センターでは、厚生労働省の方や東京都の方も常駐しておられていろいろな相談にのってもらえますよ。
山内課長:いや今日は本当に勉強になりました。とりあえず、資料をいただいて帰って、当社ですぐ取り組めることが何か考えてみます。


(そして帰り道)
山内課長:今日は本当に勉強になった。どうだろう。君たち若い人でプロジェクトチームを作ってともかくできるところからやってみないか。
 オンライン会議がそんなに簡単ならば、まずそこからでも導入してみればいいんだ。少数の人で試しに使ってみて、全社に広げていけばいい。
 それに何といっても、はじめに説明された業務管理のシステム。管理者にとってはひょっとしたら、必須のものかもしれない。すぐに部長や役員に話してみよう。いや、社長にこそ知ってもらいたいな。
 テレワークというのは、何も特別なことじゃない。これからどんな会社でも必須のことになっていくのだと思うよ。


【参考サイト】

(再掲):


 わかりやすい動画の解説もあります。
 「テレワーク・デイズ2018及びテレワークの解説動画を公開しました。」  
  このかわいい女優さんはどなたでしたっけ?
  イラストの動画もしゃれていますよ。


【参考ブログ】
テレワークは企業にとって待ったなし!
テレワークが拓く未来(きっかけ編)
「テレワークが拓く未来(きっかけ編)」紙芝居型動画公開!
テレワークが拓く未来(「老兵は死なず」編)
テレワークが拓く未来(老兵は死なず編)紙芝居型動画公開!


銅鑼猫

死にたいときこそ生きてみよう!

こんなことを思い出しました。
私の父が死んだ時です。
私は長男でしたから、お葬式や、その後始末で多忙を極め、2週間会社を休みました。
そして、会社に行く日がきました。
2週間も休むと、会社に行くのが億劫になります。
暗い気持ちで家をでました。
ところが、通勤電車の中、そして電車を降りてから、会社への道を急ぐ人々の姿を見ている中に、気持ちがどんどん晴れてきました。
私の父は、女子大の先生でした。お葬式には、様々な年代の女性たちが来てくださいました。もちろん、皆さん喪服です。時は、ちょうど夏の終わりでした。
そして今、季節は暑い夏から秋に変わりゆく時。
通勤する人々、とりわけ女性たちは思い思いの秋のファッションに身を包み、さっそうと歩いています。こんなふうに女性たちが美しく見えたことはありませんでした。
そして、私も、生きる希望を取り戻したのです。


もし今、心が打ち砕かれ、生きる希望を失くしておられるのなら、それでも、今日、この一日だけ生きてみてください。
無理に明るく振る舞う必要などありません。泣きたかったら泣きなさい。愚痴をこぼしたかったら、愚痴をこぼしなさい。何もしたくないのなら、何もしなくてもよいのです。ただ、今日一日を生きてください。そして床についてください。
きっと明日の朝、主は、あなたの目を覚ましてくださいます。


「まとこに、御怒りは束の間、いのちは恩寵のうちにある。夕暮れには涙が宿っても、朝明けには喜びの叫びがある。」旧約聖書詩編第30章第5節(新改訳2017版)


【注】2015年9月東京カベナント教会ブログ「重荷をおろして」に投稿していた記事です。様々な天変地異が起こり打ちひしがれる日々、少し手を止めて読んでみてください。


虎猫



再掲「オウム真理教の精神史」(太田俊寛著)について

オウム真理教の松本智津夫死刑囚らの死刑が執行されました。
先に掲載している記事をご紹介します。この機会にご一読いただければと存じます。


「オウム真理教の精神史」(太田俊寛著)について


この本では、オウム真理教が突然生まれたものではなく、それまでの様々な思想、「ロマン主義・全体主義・原理主義」に根を持つものであると説きます。諸外国にもまた日本にも、オウム同様のおぞましい集団が過去に幾度もあったこと、これからも起こりうることを示しています。


銅鑼猫

テレワークは企業にとって待ったなし!

7月4日にテレワーク・ミニセミナーに出席いたしました。
株式会社テレワークマネジメント主催、総務省のご担当者、あおぞら銀行、三井住友海上、東京急行電鉄等の取組みも紹介されました。


7月23日(月)から27日(金)まで、テレワーク・デイズ2018が開催されます。
2020年7月24日東京オリンピックが開会されます。東京都心等の交通渋滞を避けるためにもテレワークは必須になっている、ということから2017年より、この時期にテレワークのお試しを企業・団体等に呼びかける運動として始まりました。
総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省の「テレワーク関係4省」に内閣官房・内閣府を含め、オールジャパンの運動になっているのです。


ミニセミナーに関連して、若干コメントいたします。
 多くの企業にとって、テレワークは「何か特別な働き方」「導入に手間がかかりそう。」といった意識がぬぐえないような気がいたします。


①地震や雪の日等の交通途絶を考えてみてください。テレワークの装備は必須のことではないかと思います。交通途絶で何時間も待ちぼうけを食いトボトボと歩く姿を見るにつけ、どれだけ労働力が失われているのか、と思います。東急電鉄様は混雑緩和に懸命に取り組まれています。自らサテライトオフィスを運営され、その利用を呼びかけておられます。一般企業の皆様には、交通途絶・交通渋滞などによる労働損失のことをもっと強く訴えるべきかと思います。


②また、育児・介護・病を持ちながら仕事を続けたい方等のためにも、テレワークは有効な施策となります。
 三井住友海上様は、育児をしながら無理のない範囲で仕事を続けるための仕組みを整えておられます。ご本人にとっても大きなやりがいとなり、会社にとってもフレキシブルな労働力の活用として大変有効だと思います。


③さらに、テレワークを前提にすることで、業務プロセスの分析・整備が進み、働き方改革・生産性向上にも役立つでしょう。会社の中で顔をつき合わせて仕事をしているだけで、管理監督者が実際には個人の仕事を十分把握せず管理できていない、というのが現状ではないかと思います。
 あおぞら銀行様のご報告の中で印象的だったのは、社内アンケートでの「業務改革に対する管理職層と非管理職層との意識ギャップ」という点でした。荒っぽく言えば、管理職層が実際には業務プロセスをよく把握していないのに把握しているつもりになっている、ということかもしれません。
 テレワークのためには業務プロセスの分析が必須になります。テレワークを起点に業務プロセスの分析を進めることが、本来の働き方改革に直結していくように思います。無理やりにでもテレワークを進めてみればいいのです。


④テレワークでよく問題視されるのは情報漏洩のリスクです。
 しかし、大規模な事件は社内で起こっているのであり、テレワークを想定したシンクライアントシステムの整備等で、むしろ情報漏洩リスクが減少するとも思われます。
 テレワークで得られるメリットとリスクの大きさを慎重に見極めて判断すればよいことであり、勤務場所がどこにあるかによって情報漏洩リスクが大きく変わるものではないでしょう。


⑤テレワークも一足飛びに導入するよりも、例えば、「オンライン会議の推進」「営業日報のWEB送信による直行直帰の推進」といった単発的なところから取り組めば、それほど抵抗感もなく容易に導入できると思われます。なお「オンライン会議」についてはZOOMといった使いやすいシステムがリリースされており、東京テレワーク推進センターでも推奨されていました。例えば、交通途絶などで出勤が困難になった社員が、オンライン会議で朝の会議に出席するなど、誰でもすぐ取組めるでしょう。


なお、私なりにシナリオと紙芝居形式でテレワークについて考えたものをリリースしております。これもぜひご覧ください。


「テレワークが拓く未来(きっかけ編)」紙芝居型動画公開!
テレワークが拓く未来(老兵は死なず編)紙芝居型動画を公開しました!
(「紙芝居型動画」は私の仲間の弁護士・社労士が取り組んでいる情報発信プロジェクトです。難しいことをわかりやすく伝えるためにシナリオ・紙芝居形式を用いたものです。)


銅鑼猫


過労死を引き起こした会社は命日に黙祷を捧げているのか。

7月5日に第15回東京産業安全衛生大会に出席しました。
東京労働局、労働基準監督署、公益社団法人東京労働基準協会連合会などが主催しています。千代田区一ツ橋の日本教育会館「一ツ橋ホール」に、多数の方が集まりました。


開会に先立ち、司会者の方から「労働災害で亡くなった方のために黙祷をささげます。ご起立ください。」という案内がありました。
全員が立ち上がり、黙祷をささげました。


その時に思いました。
過労死・過労自殺した社員がおられる会社は、その命日に、亡くなった方のために黙祷を捧げておられるのか。
いや、黙祷を捧げるべきだという社内の声はなかったのか。
改めて提案します。過労死過労自殺をした社員の方のために、その会社の方はぜひ黙祷を捧げてください。
「二度と過ちは繰り返さない。」その覚悟を今一度、肝に銘じてください。
亡くなった方やそのご遺族の無念を他人事にせず、自らのものとして覚悟を決めてください。


銅鑼猫