toranekodoranekoのブログ

クリスチャンブロガーが綴るブログです。
明るい高齢化社会、病から得た様々な宝、世の中の動きへの警鐘(銅鑼)を鳴らすこともあります。
ときどき大阪弁も出てくる聖書物語もお楽しみに。
主催者のほか様々な協力者も登場します。

渡り廊下の祈り(病棟の七夕)

2013年7月、私が急な病で入院していた時の出来事です。
東京カベナント教会のブログ「重荷をおろして」に掲載したものですが、七夕を控え、再度投稿しました。入院時の思いのままに、原文そのまま投稿しています。(虎猫)



 私が入院しているのは大きな大学病院です。病棟が道路をまたいで建っており、その間を透明なガラスで覆われた渡り廊下がつないでいます。


七夕を控えて、その渡り廊下に幾本もの笹がおかれました。朝顔の可憐な造花もいくつも置かれています。
笹の葉の周囲には短冊と筆記用具があります。一言の願いを短冊に託して、笹の葉に飾るようにと書かれていました。


私は早速こんな短冊を書きました。
「病の回復、世の平和を  虎猫」



次の日の朝 短冊が次々と増えていきます。
患者さん、ご家族、お見舞客、医師・看護師さんなどが一言の願いを託しておられます。
(お名前はすべて匿名にしています)


「ボゥズが早く治りますように」
「家族とともにおだやかに過ごせますように」
「○○ちゃんの病が治りますように!」
「入院はこれが最後になりますように」


「辛いこともありますが、支えあって生きていけますように。」
「明るく生きていれば 幸せは必ず訪れます。」
「ナースの皆さま。いつもありがとう。感謝☆」
「お父さんの具合が早くよくなりますように。家族の健康を願います。」
「ガン消えた!!明日退院です!!感謝!!」


病院には産婦人科病棟があります。
お母様お父様ご家族の短冊もたくさんありました。
「元気に赤ちゃんが生まれてきますように」
「○○(お子さんの名前)が元気に育ちますように」
「検査の結果が良いものでありますように。
早産でも元気な赤ちゃんが生まれますように。」


毛色の変わったところでこんなのも。
「大好きな彼氏ができますように♥」
「美人になりたい」


看護師さんたちの短冊です。
「入院中の患者さんたちが一日も早く回復なさいますように。」
「患者さんが早く元気になりますように。13H Nrs」(ナース・ステーション一同の短冊でしょうか)


次々に増えていく短冊を見て「自分にはできることがある。」と思い起こしました。
病室に引き返し、スケッチブックを持って戻りました。
幾枚か失敗して、ようやく1枚描くことができました。
ひと言を添えました。
「祈る願いは様々 祈る心はひとつ」





そして7月7日
朝、渡り廊下に行ってみたところ、短冊が払底していました。
パソコンプリンタで、30枚ばかり作成して、置いておきました。
夕方、短冊はあと数枚残っているだけでした。さらに30枚ほど作って置いておきました。
その短冊も、次の日の午後には半分も残っていませんでした。