toranekodoranekoのブログ

クリスチャンブロガーが綴るブログです。
明るい高齢化社会、病から得た様々な宝、世の中の動きへの警鐘(銅鑼)を鳴らすこともあります。
ときどき大阪弁も出てくる聖書物語もお楽しみに。
主催者のほか様々な協力者も登場します。

ニックパーパチカの司会入門・傾聴のコツ

皆さんこんにちは。
アーニャです。本名明日香、花のJK(女子高生)です。
1年前にひょんなことから、多言語広場セルラスで年金生活者ニックパーパチカに出会い、それ以来、お世話を続けています。(つい最近も、言いましたっけ?次のブログを見てくださいね。「ニックパーパチカのスペイン語超入門」


ニックパーパチカがピアザ(イタリア語で広場:私たちの多言語活動の場です)の司会をしていた時に、子供さんたちがちょっとざわついたことがありました。
ニックパーパチカは、「子供さんたちがざわついているときは絶対に妥協せず、『シ~!』と一人ずつしっかり相手の目を見て確実に沈黙させることが大切だ。」と言っていました。
「割れ窓理論」だそうです。小さな悪戯・無秩序を放置すると、大きな問題が起こっていく。小さなことに妥協しないことが大切、という趣旨のようです。


また、私たちの集まりでは、「1分間自己紹介プレゼンテーション」というのをよくやるのですが、日常体験の話を、と言うとどんどん手が挙がって盛り上がっちゃいました。
青少年も大人も我先でした。限られた時間でどれだけ話をまとめて相手に伝えるか。
話す方も大変ですが、聞く方にも大事なコツがあります。
ニックパーパチカがこんなことを言いました。
「人の話を聞いているときには、どのようにその人をほめようか?と考えながら聴くこと。そうすればしっかり聞くことができる。」
ただの目立ちたがり屋さんだと思っていましたけれど、少しニックパーパチカを見直しました。


(ニック&アーニャ)