toranekodoranekoのブログ

クリスチャンブロガーが綴るブログです。
明るい高齢化社会、病から得た様々な宝、世の中の動きへの警鐘(銅鑼)を鳴らすこともあります。
ときどき大阪弁も出てくる聖書物語もお楽しみに。
主催者のほか様々な協力者も登場します。

「21世紀型ライフスタイル」とは何か?

不思議な本に出会いました。
「21世紀型ライフスタイルマニュアル―自分らしく自由に生きる―
社畜から抜け出す心得とその思考法」


こんな言葉が飛び込んできました。


**************
 人工知能や情報技術の発達により、近い将来、多くの日本人の仕事は、ロボットや外国人によって奪われてしまうという予測があります。


 三大メガバンクの業務削減発表・・・今はまだ安定している様に見える会社でも、実は足元がグラグラしている会社が多く存在する・・・。
一方で、ローリスクハイリターンのインターネットビジネスで成功する個人も増えています。


会社員の生活・・毎日朝から夜遅くまで働き、疲れて会社の愚痴をひたすら言う。
「精神的自由」「時間的自由」「経済的自由」とはほど遠い生活です。


「お金」=「我慢料」ではありません。
お金は価値を客観的に図るための道具でしかないです。


 お金というのは本来、「価値の対価」ですから、会社に自由を捧げて、我慢や苦労をしなければ得られないものではありません。


 21世紀という新しい時代には、(YouTuberなど)「普通の人が発信する情報」が毎月使い切れないほどのお金を生み出したりします。
この「情報をお金に換えるスキル」が、これからの時代に必要な本質的なスキルなのです。


「資産」の定義は「あなたのポケットにお金を入れてくれるもの」です。


 長く会社員生活をすると、自由を求めていきなりリアルな実業の世界での起業独立を目標にする人も多いですが・・・・やり方次第では、むしろもっと不自由になることもあります。
私が勤め人生活をして求めるようになったのは、「精神的自由」「時間的自由」「経済的自由」を得ることです。


著者の結論(要旨:銅鑼猫にて要約)
 こうして取り組んだのが「インターネットビジネス」。実業の場合、失敗すれば借金まみれになる。インターネットビジネスならば、失うものは時間だけ。何回失敗してもお金の損害はないので、失敗を繰り返して時々成功すればそれでもよい・・・。
***********


ちょっと興味が惹かれませんか。
著者のご好意でこの「21世紀型ライフスタイルマニュアル」を無料でダウンロードしていただけます。
https://exnet.sakura.ne.jp/afl_pro2/link.php?id=N0000137&s_adwares=SA000002


 一度手を止めて、ちょっとダウンロードして、お読みになってみてはいかがでしょう。
かなり常識が揺さぶられるのではないかと思います。
もちろん、賛否両論はあるでしょう。
但し、私のように社会保険労務士として「働き方改革」「過重労働の防止」「育児介護と仕事の両立」などを考えている人間にとっては、仕事と生き方を考え直す、貴重なヒントになりました。
皆さんの感想もぜひお聞かせください。


銅鑼猫


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。