toranekodoranekoのブログ

クリスチャンブロガーが綴るブログです。
明るい高齢化社会、病から得た様々な宝、世の中の動きへの警鐘(銅鑼)を鳴らすこともあります。
ときどき大阪弁も出てくる聖書物語もお楽しみに。
主催者のほか様々な協力者も登場します。

君はピアザの魔法を知っているかい?

 皆さんこんにちは。アーニャです。本名明日香、花のJK(女子高生)です。
年金生活者のニックパーパチカと一緒にNPO法人 多言語広場(ピアザ)CELULAS(セルラス)で活動しています。
 私たちの普段の活動の場はピアザ(イタリア語で広場)という各地の集会です。週1度1時間半ほどの活動で、ロールプレイ、シャドーイング(CD を聴きながら自分も声を出して真似する、通訳さんがよくやる練習方法です)、プレゼンテーション、ゲーム等いろんなことをやっています。

 そのピアザの活動について、ニックパーパチカがしまいこんでいた文章を見つけました。整理の悪い人のお世話は本当に手間がかかりますが、こんな掘り出し物に巡り合えることもあるのです。
「『もし子供たちに語るとしたら』と思って書き始めたら、大人向けにもなりそうです。
但し、子供の心を失っていない大人、子供の心を一度取り戻したい大人限定です。」なんて言っていました。ちょっと不思議な文章ですが、お知らせします。


「君はピアザの魔法を知っているかい?」


 君はピアザの魔法を知っているかい?
わんぱく小僧、台風娘、泣き虫坊主、もじもじ娘、
そして、お客様気分で仕方なく参加のママ、
間違って紛れ込んだおじさん


「今日は何するの?」  ⇒☓
「今日はこれがしたい!」⇒〇


「同じ年代の人と楽しく、まったり過ごしたい。」⇒☓
「今日はどんな人と会えるかな。
学校・会社・ママ友ワールドから、この場では抜け出してみよう。」⇒△
「今日もまた、昨日と違うピアサを創ってみよう。違う自分を育ててみよう。  
違う仲間の姿を見つけてみよう。」⇒〇
「そして、一歩外のアウェイへ。さらに、大きな世界へ」⇒


 知らないうちに、誰とでも話し、笑い、喧嘩し、仲直りする。
言葉の壁、文化の違い、そんなささいなことにはこだわらない。
そんな人になるための、楽しくて厳しい道場。
それがピアザ。


ニック&アーニャ



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。